Premiere ProでAfter Effectsの機能を用いて編集

Adobe Premiere ProでLive Textテンプレートやマスク&トラック、その他のAdobe After Effects機能を活用する方法を説明します。Dynamic Linkを使って中間レンダリングを省くこともできます。

After Effectsの機能の一部がPremiere Proに直接統合されているので、編集作業中に特定のAfter Effectsタスクが必要になった場合、編集環境から離れることなく、簡単に実行できます。

Premiere Proのシーケンスには、After Effectsのコンポジションを「リアルタイム」に反映させることができます。Dynamic Link機能を使うと、After Effects上で加えた変更内容をPremiere Pro上でもすぐに確認でき、そのたびにレンダリング操作をする必要がないため、編集とグラフィックスのワークフローが快適になります。

下のビデオでは、2つのアプリケーション間で相互の変更内容をすぐに確認しながら、並行してビデオファイルの作業を進める方法を説明します。

Live Textテンプレートの使用

編集作業中には、特定のグラフィックス処理をきわめて頻繁におこなう必要があります。そのたびに(たとえ一瞬でも)ツール間の切り替えが必要になると、編集の思考が途切れかねません。必要な処理をノンリニア編集ツール上で直接実行できれば、集中してスムーズに編集作業をこなすことができます。

このニーズに応えるのが、After EffectsのLive Textテンプレートです。Premiere Proのエフェクトコントロールパネルにシンプルなテキストフィールドが表示され、ここで編集をおこなうことができます。この機能により、一般的なワークフローで繰り返しおこなわれる、After Effectsで作成したテロップなどのモーショングラフィックテキストに変更を加える処理が効率化されます。

詳しくはチュートリアル「After Effectsで作成したLive TextテンプレートをPremiere Proで使用する」も参照して実際にお試しください。

Live Textテンプレートの編集 

 

テキストの大きさや色の変更やグラフィックのモーションの変更など他の調整が必要な場合、Dynamic Linkを使用してAfter Effectsへ移動して変更を加えると、Premiere Proのプロジェクトも瞬時に更新されます。詳しい方法については下のビデオをご覧ください。

マスク&トラック

 

編集時にフレームの一部分をぼかす場合、対象が画面を横切る際にはぼかした部分を追跡する必要が頻繁に生じます。ニュースのワークフローやドキュメンタリー映画の作成では特にそうです。例えば、車のナンバープレートや人物の顔を何らかの理由で表示できない場合があります(Premiere Proでこの作業をおこなう方法については、「動きのある顔にぼかしをかける」をご覧ください)。

After Effectsによって実現されるマスキング機能は、Premiere Proのほぼすべての効果と併用できます。二次的なカラー補正や特別な方法でフレームの一部をハイライトする目的などで使用できます。マスクの見た目を改善したり、さらに高度なマスクトラッキング機能を利用する場合は、After Effectsを使用してください(方法については下のビデオを参照)。Premiere Proでおこなったマスクの編集はすべて、Dynamic LinkによってAfter Effectsタイムラインに反映されます。

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

01/13/2017

Contributors: Nick Harauz, Brian Maffitt

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ