Adobe Premiere Pro CCでフレームレートやアルファチャンネルなどのクリップ変換プロパティを変更することで、メディアを思い通りに再生できます。
interpret-footage_1000x560

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

「編集」ワークスペースでプロジェクトパネルのタブをダブルクリックし、最大化します。必要に応じてリストビューに切り替えます。プロジェクトパネルを大きく表示することで、メディアに関する多くの有用な情報を確認できるようになります。

interpret-footage_step1

シーケンス設定と異なるフレームレートで撮影された映像素材がある場合は、フレームレートを一致させることができます。プロジェクトパネルで1つまたは複数の映像素材を選択し、「クリップ/変更/フッテージを変換」を選択します。クリップを変更ダイアログボックスの「フレームレート」セクションで、シーケンスと一致したフレームレートの値を入力します。これによって、変換後のクリップのデュレーションが変わります。最初のオプションを選択し、変換されたクリップを元の速度に戻すと、ビデオファイルのフレームレートの値が設定されます。

interpret-footage_step2

多くのグラフィックには、アルファチャンネルが含まれます。これは、シーケンスの背景ビデオレイヤー上にあるすべてのものを表示します。アルファチャンネルの使い方を変えたい場合は、Adobe Photoshop CCやIllustrator CCでソースファイルを開かずにおこなうことができます。プロジェクトパネルでグラフィックを選択し、「クリップ/変更/フッテージを変換」を選択します。クリップを変更ダイアログボックスの「アルファチャンネル」セクションで、「アルファチャンネルを無視」オプションを選択して「OK」をクリックします。すると、背景ビデオの代わりに黒いピクセルが表示されます。「アルファチャンネルを反転」オプションを試してみましょう。ステンシルのようにグラフィックを通して背景ビデオレイヤーが表示されます。

interpret-footage_step3

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

02/22/2019

Adobe Stock提供元:blackboxguildRido

このページは役に立ちましたか。