目次

  1. 新規プロジェクトを作成してワークスペースを変更する
  2. 素材にエフェクトを適用する

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チュートリアルで使用している参考映像はAdobeStockの素材を使用しています。

 

手順1/2 新規プロジェクトを作成後、ワークスペースを変更する。

 

Premiere Proを起動して、プロジェクトを新規制作する画面が表示されたら、プロジェクト名とシーケンス名を「export_test」に変更し、「ローカル」の欄から事前にダウンロードしたAdobeStockの素材を選んでチェックボックスにチェックを入れて右下の「作成」を選択します。

手順2/2 素材にエフェクトを適用する

 

※今回は、YouTubeにアップロードする動画を編集し終わったと想定した段階でチュートリアルを進めていきます。

 

新しくなったPremiere Proでは、ユーザーインターフェースの変更に伴い編集作業の工程別に「読み込み」「編集」「書き出し」の項目が別々に用意されています。今回は「書き出し」を行うので、ウィンドウ上部にあるタブから「書き出し」のタブを選択します。

 

画面左側に直接アップロードが出来る、各SNSの選択肢が表示されます。

今回はYouTubeへのアップロードなので「YouTube」のタブの横にあるチェックマークを有効に切り替えます。設定画面の中から「パブリッシュ」のタブを開き、ご自身のYouTubeアカウントにサインインします。

 

「パブリッシュ」の中の各項目(アップロードする作品のタイトルや動画概要・公開範囲など)を入力していきます。

 

次に、YouTubeに使用するサムネイルの設定をしていきます。「パブリッシュ」タブの中から「カスタムサムネール」の横にある▽マークを開き、中にある「画像ファイルから」を選択します。「カスタムサムネール」の下に「サムネールファイル」の項目が表示されるので、横にある▽マークを開いて、「ファイルを選択…」を選択します。

 

事前に準備したサムネイル用の画像を選択して「開く」で適用します。

 

<各項目解説>

チャンネル:YouTubeにアップロードするチャンネルを設定出来ます。

再生リスト:書き出した作品を格納する再生リストを設定出来ます。

タイトル:YouTubeにアップロードした時の作品のタイトルを設定出来ます。

説明:YouTube内の概要欄で表示する文章を設定出来ます。

プライバシー:YouTube公開時の公開範囲を設定できます。

タグ:アップロードした作品につけるハッシュタグを設定出来ます。

カスタムサムネール:アップロードした作品のサムネイルを設定出来ます。

 

YouTubeアップロードに必要な情報を全て入力したら、画面右下にある「書き出し」を選択してYouTubeへの動画の書き出しを実行します。

 

書き出し作業が終わり、YouTubeでの処理が終わるとアップロードが完了します。

 

※サムネイルが反映されない場合はYouTubeアカウントの設定が最後まで終わっていない可能性があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン