作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。

以下のURLからAdobe Stock素材をダウンロードください

https://stock.adobe.com/jp/video/medium-shot-of-four-multi-ethnic-male-and-female-colleagues-walking/239848366

 

以下のファイルは完成したプロジェクトファイルです。途中で設定方法などわからなくなった場合は参考にしてください。

[ダウンロード] Mosaic_tracking_prproj.zip

手順1/3 新規プロジェクトを作成後、素材を尺にカットする

 

新規プロジェクトを作成後にAdobe Stockからダウンロードした素材を取り込んだら、タイムラインパネル上の左上タイムコードに「1000」と入力して00:00:10:00に移動します。

ショートカット

00:00:10:00の位置でキーボードの「W」を押す事でリップルトリミングをします。

 

<リップルトリミングとは>

ギャップをトリミングすると、編集ポイントが移動し、後続のすべてのクリップがその分だけ移動します。ギャップのトリミングには、別の位置にある隣接するクリップも含まれますが、そのクリップのインポイントは同じ位置に残ります。

 

タイムラインパネル上の左上タイムコードに「0000」と入力して00:00:00:00に移動し、

今回はエフェクトを使用した編集なので、メニューバーにある「ウインドウ」から「エフェクト」を選択します。

手順2/3 モザイクのエフェクトをかける

 

「エフェクト」パネルの検索フィールドに「モザイク」と入力します。

 

「モザイク」をタイムラインの素材にドラッグします。

 

エフェクトコントロールパネルの「モザイク」の各数値を変更します。

水平ブロック:「40」

垂直ブロック:「40」

 

「モザイク」の下にある○型のマスクをクリックします。「マスク(1)」が作成されます。

 

プログラムモニター上でマスクの位置・サイズを変更し、このフレーム(00:00:00:00時点)でモザイクをかけたい部分に合わせます。

 

エフェクトコントロールの「マスク(1)」のマスクパスの右側にある▷マークをクリックしてトラッキングを開始します。

手順3/3 モザイクを調整する

 

トラッキング完了後、一度再生してトラッキングでのモザイクの追尾具合を確認します。

マスクがずれている部分がある場合は、ずれている最初のフレームに再生バーを移動してプログラムモニター上でマスクの位置・サイズを調整します。

 

エフェクトコントロールパネルの「マスク(1)」のマスクパスの右側にある▷マークをクリックして再度トラッキングを開始します。

このページは役に立ちましたか。