作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。

以下のURLからAdobe Stock素材をダウンロードください

https://stock.adobe.com/jp/video/woman-standing-on-beach-in-the-sunshine/351776172

 

以下のファイルは完成したプロジェクトファイルです。途中で設定方法などわからなくなった場合は参考にしてください。

[ダウンロード] Beauty_retouch_prproj.zip

手順1/3 新規プロジェクトを作成後、エフェクトを適用する

 

新規プロジェクトを作成後Adobe Stockからダウンロードした素材を取り込んで、「Lumetriカラー」パネルを選択。タブ内の「HSLセカンダリ」を選択します。

「キー」の横にある>マークを開き、3つ並んでいるスポイトマークの一番左にあるスポイトマークをクリックします。

 

プログラムモニターにカーソルを移動し、選択したい色部分をクリックします。

今回は肌を修正したいので肌の色が表示されている部分をクリックします。

 

「Lumetriカラー」パネルにカーソルを戻し、「キー」のタブで「カラー/グレー」の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。プログラムモニター内には現在選択されている色(先程スポイトで抽出した色)が表示されます。選択している色以外は白色で表示されます。

 

「Lumetriカラー」パネルの「キー」のタブで「H」「S」「L」の範囲を調整して肌色の選択範囲を広げます。今回はプログラムモニター内で顔の輪郭の色が出るように調整していきます。

 

「Lumetriカラー」パネルの「キー」のタブで「カラー/グレー」の横にあるチェックボックスのチェックを外します。

 

「Lumetriカラー」パネルで「HSLセカンダリ」を選択。「修正」の横にある>マークを開き、「シャープ」に「-100」の数値を打ち込み、選択した部分(肌色部分)をぼかします。

手順2/3 素材を複製する

 

タイムラインの[V1]にある映像素材を選択し、option +ドラッグで[V2]に素材を持っていき、素材を複製をします。

手順3/3 エフェクトでビデオ素材を仕上げる

 

「エフェクト」パネルの検索フィールドに「ブラー」と入力します。

 

「ブラー(ガウス)」をタイムラインの[V2]の素材にドラッグします。

 

「エフェクトコントロール」の「ブラー(ガウス)」で「ブラー」の数値を「50」に設定します。

 

「エフェクトコントロール」の「不透明度」の横にある>マークを開き、中にある「描画モード」の「通常」をクリックしてプルダウンの中から「オーバーレイ」を選択します。

 

「Lumetriカラー」パネルの「カーブ」を選択し、「RGBカーブ」の横にある>マークを開きます。「RGBカーブ」の値をドラッグで変更し、プログラムモニターの色が[V1]に近づくように調整します。

このページは役に立ちましたか。