Adobe Premiere Proの「⾳声テキスト変換」機能を使⽤すると、動画の⾳声データから⼈物の声をテキストデータに変換し、さらにキャプションを作成してビデオに追加するまでの作業を⾃動化できます。まずは下の動画で⼀連の制作⼯程を確認しましょう。






本チュートリアル内で使用する主な機能

⾳声テキスト変換

 

以下が大まかな流れです。

 

⼿順1/5

ファイルを読み込みタイムラインに配置する

 

Premiere Proを起動し、「新規プロジェクト」を作成します。ここでは特に何も設定する必要はありません。

ワークスペースが開いたら、「ファイル」→「読み込み」から練習⽤サンプルファイル「speech_to_text.mpz」を選択して読み込みます。

プロジェクトパネルにファイルが追加されるので、それをタイムラインにドラッグ&ドロップします。シーケンスに⾳声付きのクリップが配置されます。

⼿順2/5

シーケンスから⽂字起こしをする

 

上部のワークスペースタブから「キャプション」をクリックして、キャプションワークスペースに切り替えます。

テキストパネルの「シーケンスから⽂字起こし」をクリックします。

「⾃動⽂字起こし」ダイアログボックスが表⽰されるので、⾔語を「⽇本語」に指定し、「⽂字起こし開始」ボタンをクリックします。

⽂字起こしが⾃動的に開始され、処理が終わると、テキストパネルの「⽂字起こし」タブに結果が表⽰されます。⽂字起こしに問題があれば、テキストをクリックして⽂字の編集を⾏います。

⼿順3/5

キャプションを作成する

 

⽂字起こしを確認したら、それをキャプションとしてビデオに追加します。

「キャプションを作成」をクリックします。「キャプションを作成」ダイアログボックスが表⽰されるので、ここでは特に変更を加えず、「作成」をクリックします。

 

⾃動的にキャプションが作成され、ビデオのタイミングに合わせて、タイムラインのキャプショントラックに追加されます。

テキストパネルの「キャプション」タブに、すべてのキャプションがタイムコード付きで表⽰されます。テキストをダブルクリックすると、引き続き⽂字の編集を⾏うことができます。

⼿順4/5

キャプションのフォントとサイズを編集する

 

タイムラインのキャプショントラックに配置されたキャプションをすべて選択します。エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブが開くので、「テキスト」にある「フォント」ドロップダウンリストを表⽰して、好みのフォントを選択します。ここでは、「源の⾓ゴシック JP∕Bold」を選択します。

次に、「フォント」の右にある⽂字サイズを変更します。ここでは「60pt」に設定します。

すべてのキャプションのフォントとサイズが変更されました。

⼿順5/5

キャプションを分割する

 

2⾏になったキャプションを1⾏でおさめます。テキストパネルの「キャプション」タブで、2⾏のテキストを選択し、上部の「キャプションを分割」をクリックします。

キャプションが2つに分割されるので、1つ⽬のキャプションが1⾏でおさまるように後半の⽂字を削除します。同様に2つ⽬のキャプションの前半の⽂字も削除します。

編集した結果は、プログラムモニターのビデオにリアルタイムで反映されます。

 

⾳声データからの⽂字起こし、およびキャプションの作成は⾮常に時間と⼿間がかかるものです。今回の「⾳声テキスト変換」機能を使⽤すれば、⽂字起こしからキャプション作成までをPremiere Pro内でほぼ⾃動的に⾏えるため、作業時間を⼤幅に短縮することができます。ぜひ試してみてください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン