目次

  1. 新規プロジェクトを作成してワークスペースを変更する
  2. 素材にエフェクトを適用する

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。

以下のURLからAdobe Stock素材をダウンロードください。

 

AdobeStock_493543825

https://stock.adobe.com/jp/video/boy-and-girl-shake-hands/493543825

 

以下のファイルは完成したプロジェクトファイルです。途中で設定方法などわからなくなった場合は参考にしてください。

 

https://download.macromedia.com/pub/learn/start/warp_stabilizer.zip

手順1/2 新規プロジェクトを作成後、ワークスペースを変更する。

 

Premiere Proを起動して、プロジェクトを新規制作する画面が表示されたら、
プロジェクト名とシーケンス名を「warp_stabilizer」に変更し、「ローカル」の欄から事前にダウンロードしたAdobeStockの素材を選んでチェックボックスにチェックを入れて右下の「作成」を選択します。

 

今回はエフェクトでの編集なので、画面右上にある「ワークスペース」を選択してワークスペースの表示を「エフェクト」に切り替えます。

手順2/2 素材にエフェクトを適用する

 

画面右側にある「エフェクト」のタブを開き、エフェクトパネルの検索フィールドに「ワープスタビライザー」と入力します。

 

ワープスタビライザーのエフェクトをタイムライン上の素材にドラッグ&ドロップして適用します。

 

ワープスタビライザーを適用すると自動的にバックグラウンドで分析が始まり自動的に手振れの補正をしてくれます。

プログラムパネル上に表示されている「バックグラウンドで分析中」の表示が消えたらスタビライズの完了です。

アドビのロゴ

アカウントにログイン