静止画と動画をどう組み合わせる?

例えば、何かを紹介している動画に「説明画像」を差し込みたい時や、自分の話している様子も流しながら写真も見せてあげたいときって結構ありますよね。(テレビ番組のワイプのようなイメージ)
今回はその方法をご紹介します!

静止画の上に動画を重ねる方法

まずは画面上の 「エフェクト」 を選択して効果をつけたりするのに最適な画面に切り替えます。

まずは画面上の 「エフェクト」 を選択して効果をつけたりするのに最適な画面に切り替えます。

ワイプとして重ねたい動画をタイムライン上で一つ上の行(V2)に動かし、「プロジェクト:omoide」からベースとなる画像をドラッグ&ドロップで重ねたい動画のしたの行(V1)に配置します。

※静止画の入れ方は、Day4Premiere Proに素材を入れて、並べるでおさらいしましょう

動画を小さくしてクロップする方法

次は動画を小さくして、クロップする方法です。
動画を小さくしてから、クロップという手順で進めていきます。
まずは 「エフェクトコントロール」の「モーション」 で「スケール(大きさ)」や「位置」を調整して、動画を配置したい場所を決めます。

 

その後、右上の「エフェクト」で 「クロップ」 と検索して、動画にドラッグ&ドロップで適用します。

そして、左上のエフェクトコントロールパネルで、クロップする範囲を指定すると完成です。

静止画と動画を上手に活用しよう!

 

静止画と動画を上手に活用することで、ただの静止画や動画を表示するよりも格段にわかりやすい動画になるかと思います。

ぜひトライしてみてください!

アドビのロゴ

アカウントにログイン