このチュートリアルでは、Adobe Premiere Pro を使用して、ビデオの中にある一部のカラーだけを変更する方法を説明します。キーフレームを使用して、徐々に別の カラー に変化させていきます。 まずは下の一分動画を確認して、操作を開始しましょう。


本チュートリアル内で使用する主な機能

「他のカラーへ変更」エフェクト、キーフレーム

 

 以下が大まかな流れです。

 

  1.  プロジェクトを準備する

    新規でプロジェクトを作成し、素材の動画ファイルを読み込みます。

    その後、素材の動画の形式と一致したシーケンスを新規で作成します。
  2. 他のカラーへ変更エフェクトを適用する

    「エフェクト」パネルで「他のカラーへ変更」エフェクトを検索し、タイムラインに配置したクリップに適用します。
  3. カラーを調整

    「エフェクトコントロール」パネルでエフェクトのカラーを調整します。

    ベースとなるカラー、変更後のカラーなどを調整し、先頭フレームでのカラーの状態を設定します。
  4. アニメーションでカラーを変化させる

    複数の時間にキーフレームを追加してカラーを変更し、アニメーションで変化させていきます。

 

1. プロジェクトを準備する

 

手順 1/3

新規プロジェクトの作成

Premiere Proを起動し、ホーム画面で-「新規プロジェクト」を選択し、任意の場所に新しいプロジェクトを保存します。

 

手順 2/3

素材ファイルの読み込み

練習用に配布されたサンプルの動画ファイルを読み込みます。

「プロジェクト」パネルをダブルクリックして、「読み込み」ダイアログボックスを開きます。

「replace-color_224428642.mov」を選択して、「読み込み」をクリックします。

 

動画ファイルがプロジェクトに読み込まれました。

 

手順 3/3

新規シーケンスの作成

素材の動画ファイルに適した形式で新しいシーケンスを作成します。

プロジェクトパネル内で、動画ファイルを「新規項目」アイコンにドラッグ&ドロップします。

 

素材の動画ファイルに適した形式で新しいシーケンスが作成されました。

 

ヒント

プロジェクトパネル内に作成されたシーケンスファイルと、素材の動画ファイルのサムネールは右下のアイコンで見分けることができます。

2. 他のカラーへ変更 エフェクトを適用する

 

手順 1/2

「エフェクト」パネルを開く

「プロジェクト」パネルの>>アイコンをクリックして、「エフェクト」を選択します。

 

「エフェクト」パネルが開きます。

 

手順 2/2

「他のカラーへ変更」エフェクトを適用

検索フィールドで、「他のカラーへ変更」と入力して、「他のカラーへ変更」エフェクトをリストアップします。

 

タイムライン上のクリップへと、エフェクトをドラッグ&ドロップします。

3. カラーを調整

エフェクトのカラーを調整します。被写体が羽織っているパーカーのカラーが変化するよう、まずはパーカーのカラーを基準として選択することから調整を開始します。

 

手順 1/3

基準となるカラーを選択

基準となるカラーを選択します。

タイムライン上のクリップを選択して、「エフェクトコントロール」パネルを開きます。

 

「他のカラーへ変更」セクションで、「変更オプション」のスポイトを使用して、置き換えるカラーをサンプリングします。

ここでは、被写体が羽織っているパーカーをクリックしてカラーをサンプリングします。

 

デフォルトでは、カラーが赤に変わります。

 

手順 2/3

カラーを調整

「色相」と「柔らかさ」を以下の値に調整して、「他のカラーへ変更」を微調整します。

色相:15%

柔らかさ:60%

 

手順 3/3

新しいカラーを選択

「変更後のカラー」のカラーチップをクリックしてカラーピッカーを開き、新しいターゲットカラーを選択します。

#:FF8D00

4. アニメーションでカラーを変化させる

キーフレームを使用して、カラーをアニメーションで変化させていきます。

 

手順 1/4

最初のキーフレームの追加

タイムラインの先頭に、再生ヘッドをあわせます。

「変更後のカラー」の横にあるストップウォッチをクリックして、キーフレームを追加します。

 

手順 2/4

2つ目のキーフレームの追加

再生ヘッドを00:00:02:06の位置まで進めます。

「変更後のカラー」を別のカラーに変更します。

#:FF005D

 

2つ目のキーフレームが追加されます。

 

手順 3/4

追加のキーフレームの追加

タイムラインで再生ヘッドを移動し、さまざまな間隔で新しい色を設定し、キーフレームを追加していきます。

キーフレームごとにカラーの変化をつけることで、ショット全体のカラーの移り変わりをアニメーション化します。

 

例として、完成例では以下の間隔でキーフレーム及びカラーを設定しています。

※同じ時間、カラーで設定する必要はありません。

 

手順 4/4

先頭のキーフレームをコピー

1個目のキーフレームをコピー(右クリック/ コピー)し、00:00:07:03の位置にペースト(右クリック/ ペースト)します。

 

スペースバーを押して、最終的な状態を確認します。

パーカーのカラーが徐々に変化していく効果を設定することができました。

 

Adobe Premiere Proの「他のカラーへ変更」エフェクトを使用すると、ターゲットとなるカラーを選び、映像内の特定部分のみのカラーを変化させることができます。

さらにここでは、エフェクトにキーフレームを設定することで、カラーが徐々に移り変わっていくアニメーションを設定しました。動画の表現力を高めるためにご使用ください。

このページは役に立ちましたか。