Vlogなど会話のある動画では、字幕テロップが入っていると視聴者にも会話の内容が分かりやすくなります。このチュートリアルでは、Premiere Pro でテキストを作成し、簡単にオシャレな字幕テロップを入れる方法を解説します。まずは、下の1分動画で制作工程を確認してください。





本チュートリアル内で使用する主な機能

エッセンシャルグラフィックス、Adobe Fonts、Lumetriカラー

 

以下が大まかな流れです。

 

手順1/6 Premiere Pro を起動し、新規プロジェクトを作成する

 

作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。

Premiere Pro を起動し、スタート画面の「新規プロジェクト」をクリックします。「新規プロジェクト」画面が表示されたら、プロジェクト名と保存先を指定し、[OK] をクリックします。

手順2/6 素材を読み込む

 

Premiere Proの編集画面が立ち上がったら、画面上部にあるワークスペースを「エフェクト」に変更。

 

ダウンロードした練習用サンプルファイル「sozai」を「プロジェクト」パネルにドラッグ&ドロップし追加します。

手順3/6 タイムラインにビデオ素材を追加する

 

「プロジェクト」パネルで「sozaiフォルダー」内の「Clip_01.MP4」を選択し、右クリックから「クリップに最適な新規シーケンス」を選択。タイムラインに素材を追加します。その際シーケンス名を「手書きタイトル」に変更します。

手順 4/6 見やすいテロップを入れる

 

①音声を確認するため、一度映像を再生して話している内容を聞きます。

会話の開始するタイミングにカーソルを合わせて目印としてマーカーを追加します。

PC上のツールバーから「マーカー」→「マーカーを追加」をクリック。

 

②ツールバーから「横書き文字ツール」を選択し、

プログラムモニター内のテロップを入れたい位置でクリックしてテキストを入力します。

今回は「今日はスリーバイネイキッドに行ってきます」と入力。

テロップのフォントをオシャレなものに変更します。

エッセンシャルグラフィックスパネルを選択して、下記の調整をします。

 

1. テキスト:VDLペンレター

2. サイズ:70%

3. 「テキスト」から「テキストを中央揃え」を適用

4. 「整列と変形」から「水平方向中央」を適用

 

③テロップを見やすくするために、背景を入れます。

エッセンシャルグラフィックパネル内の「アピアランス」から

「背景」のチェックボックスにチェックを入れます。

1. 不透明度:70%

2. サイズ:20%

3. 角丸の半径:20%

をそれぞれ入力して背景を調整します。

背景に色をつけるには、

「背景」をダブルクリックで選択して

「カラーピッカー」を表示してお好みの色に設定して下さい。

 

④手順4で作成した2つ目のマーカーを選択。

ツールバーから「レーザーツール」を選び、テキストレイヤーを分割します。

(エッセンシャルグラフィックスで作ったテキストを切る事で、別のテキストレイヤーになります)

分割した後ろ側のテキストレイヤーを撮影素材の長さに調整します。

 

⑤分割した後ろ側のテキストレイヤーを選択して、

「エッセンシャルグラフィックス」パネルから、テキストレイヤーをダブルクリック。

テキストを次の会話の内容に打ち替えます。

(※これ以降同じ作業を繰り返せば、テキストを打ち込むだけで

フォント・サイズ・背景など設定した全ての項目が反映されます。)

手順 5/6 ロゴ風テロップを入れる

 

手順4と同様に

ツールバーから「横書き文字ツール」を選択し、

プログラムモニターをクリックしてテキストを入力します。

今回は「TokyoStroll」と入力してレイアウトを下記を参考に調整します。

1. テキスト:chantal

2. 「テキスト」から「テキストを中央揃え」を適用

3. 背景のチェックボックスを外す

4. 「アニメーションのスケールを切り替え」を選択して数値を「120」に設定。

5. 「テキスト」にある「行間」の数字を「-30」に設定。

 

「モニターパネル」内、テキストにカーソルを合わせて位置を調整。

 

1. [アビアランス]内の「シャドウ」にチェックを入れて、スポイトマークをダブルクリックしたまま「背景」に使用した緑色を選択して色を反映。

2. 「シャドウ」の各項目に下記の数値を入力。

・不透明度:100%

・角度:150

・ブラー:19

3. テキストレイヤーを撮影素材の開始位置まで移送して、長さを調整します。

手順 6/6 撮影素材を見やすく調整する

 

最後に、撮影素材自体を見やすく加工します。

「V1」の撮影素材(Clip_01)を選択して、「Lumetriカラー」を選択します。

「トーン」のタブから各項目の数値を設定。

・露光量:0.9

・コントラスト:8.5

・ハイライト:0

・シャドウ:26.1

・白レベル:20.6

・黒レベル:0

 

Enterキーを押して、再生してみましょう。

 

Adobe Fontsには沢山の種類のフォントがありますので、今回ご紹介した字幕テロップ意外にもお好みのフォントを見つけて素敵な映像に仕上げてみましょう。

このページは役に立ちましたか。