Premiere Proのキーボードショートカット、ファイル処理性能の強化、スクラブ再生のオプションなど、映像編集を効率化するためのヒントを紹介します。

Adobe Premiere Proには編集作業を効率化する機能が多数搭載されており、手際よく編集することができます。

メディアの再リンク、キーボードショートカット、メディアブラウザーのお気に入り、複数のブラウザー、ワークスペースの多彩なカスタマイズをはじめ、ほとんどの機能強化は、作業をスピードアップするためのものです。重複フレームマーカーの改善、逆マッチフレーム、マーカー名の追加など、どちらかというと特殊な機能強化もあります。変更の自動保存、上書きの警告、メディアの終了ポイントを示すラベル、プロジェクトパネルのメタデータ欄などのように、ユーザーが意識することなく利用できる機能もあります。シャトル再生時に音程ピッチを維持する機能は、高速再生時でも音声が聞き取りやすくなり、編集作業で特に便利です。

下記のリンク先で、それぞれの機能の詳細についてご覧ください。括弧内は、このチュートリアルビデオでその機能を説明している際のビデオの再生時間を示しています。

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

09/10/2018

Contributor: Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。