Lumetriカラーパネルのカーブコントロールを使用すると、クリップの明るさとカラーをすばやく微調整できます。

学習した内容:クリップの明るさとカラーの微調整

カーブコントロールを使用すると、クリップの明るさとカラーに自然な調整を適用できます。

カーブコントロールへのアクセス

  • RGBカーブと色相/彩度カーブは、Lumetriカラーパネルの「カーブ」セクションにあります。

シャドウ、ミッドトーン、ハイライトの個別調整

  1. RGBカーブコントロールの直線の左下隅にあるコントロールポイントを調整して、シャドウを変更します。
  2. 直線の中央にコントロールポイントを追加し、位置を調整して、ミッドトーンを変更します。
  3. 曲線の右上隅を調整して、ハイライトを変更します。

カーブコントロールによる自然な仕上がり

  • RGBカーブコントロールの線を使用すると、画像に含まれる全ピクセルを明るさにもとづいて調整できます。特定の明るさレベルに調整を加えると、線の形状に応じて他のすべてのレベルも調整されます。

S字カーブの追加による自然なコントラスト

  • RGBカーブコントロールの線を、ゆるやかなS字型にすると、全体の明るさを増減させずにコントラストを強めることができます。

カラーチャネルを選択した調整

  • RGBカーブコントロールの上部でカラーのドットをクリックすることで、赤、緑、青のカラーチャネルを個別に選択して調整できます。
  • 白いドットをクリックすると全チャネルを調整できます。

色相/彩度カーブの調整

  • 色相/彩度カーブコントロールの下にあるカラーのドットをクリックして、コントロールポイントを追加するか、白い円の線を直接をクリックしてコントロールポイントを追加します。線を調整すると、選択したカラー範囲の彩度の強弱を変更できます。

ヒント:カーブコントロールの調整にはセンスとテクニックが必要です。繊細な変更を加える前に、極端な調整を試すことで画像のどの領域が調整されるかを確認できます。

12/17/2018

元のメディア:「The Ancestor Simulation」、Maxim Jago監督

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。