RocketJumpで目を見張る特殊効果がどのように実現されているかを見る

RocketJumpのエキスパートのように、Adobe Premiere Pro CCとAfter Effects CCを使ってフェイススワップエフェクトを加えたクリップを作成し、直接YouTubeに公開します。

 

1. Premiere Proのクリップからコンポジションを作成する

After Effectsの合成ツールを活用するには、Premiere Proでrj-face-swap.prprojを開きます。次に、Shiftキーを押しながら、clip1.mp4とclip2.mp4の2つのビデオクリップを選択します。最後に、ファイル/Adobe Dynamic Link/After Effects コンポジションに置き換えを選択します。After Effectsが開き、リンクされた新しいコンポジションが作成されます。

2. After Effectsでフェイススワップエフェクトを追加する

clip2の男性の顔をclip1の女性の体と腕でマスクするために、RocketJumpでは、Keylight、パペットツールおよびロトスコープを使って2つのレイヤーを1つに合成し、フェイススワップエフェクトを作成しています。

次のRocketJump Film Schoolチュートリアル(23分)を再生するか、RocketJump Webサイトのチュートリアル(英語)をご覧ください。

エフェクトが完成したら、コンポジションを保存します。

3. Premiere Proでフェイススワップコンポジションの更新を確認する

Premiere ProのAfter EffectsのコンポジションにリンクされたビデオクリップがDynamic Linkにより瞬時に反映されます。

完成したシーケンスを再生するには、Premiere ProでAfter Effectsのコンポジションを選択し、「レンダリングして置き換え」を選択する必要があります。または、手順5で、Media Encoderを使ってビデオを書き出します。どちらの方法でも、After Effectsのコンポジションがビデオシーケンスにレンダリングされます。

注意:RocketJumpの手順を実習していない場合は、Premiere Proファイルの「RJ-face-swap-final」タブに切り替えると、After Effectsのコンポジションが読み込まれた更新後のファイルを再生できます。

4. RocketJumpロゴを追加する

RocketJump Film Schoolのアニメーションロゴなどのクリップを追加できます。ファイル/読み込みを選択し、RJFS_LOGO.mp4ファイルを選択します。選択したファイルがプロジェクトパネルに表示されます。

RJFS_LOGO.mp4をドラッグして、タイムラインのAfter Effectsコンポジションの右側に配置します。

タイムラインを再生して、完成したビデオを確認します。

5. Adobe Media Encoderを使ってビデオを書き出す

ビデオをYouTubeに直接書き出すには、ファイル/書き出し/メディアを選択します。

「パブリッシュ」タブで下にスクロールしてYouTubeの設定を表示し、YouTubeのアカウント情報を入力します。ビデオのプライバシー(公開、限定公開、非公開)を設定できます。

「メタデータ」をクリックし、作成者、説明、タイトルおよびキーワードを入力します。

「キュー」をクリックするとMedia Encoderが開き、キューパネルにプロジェクトが表示されます。緑色のキューを開始ボタンをクリックしてビデオを出力し、YouTubeに直接公開します。

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

12/21/2016
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ