Avidのシーケンスとビンを書き出し、編集内容をAdobe Premiere Pro CCに読み込みます。

AvidのシーケンスをAAFで書き出す

AAF(Advanced Authoring Format)には、複合メディアデータのほか、メディアコンテンツとプロジェクトに関連するメタデータも含まれます。つまり、AAFファイルにはオーディオとビデオファイルへのリンクのほか、オーディオとビデオデータに適用される編集内容も記録されています。そのため、プラットフォーム間でのメタデータとプログラムコンテンツの変換機能を持ちます。オーディオおよびビデオエフェクトの膨大なリストを分類し、転送またはアーカイブ用にプロジェクトの要素を一括して「囲む」ことができます。


学習した内容:
AvidシーケンスのAAFファイルを書き出し、Premiere Proに読み込む方法

  • AAFファイルを書き出す前に、シーケンスのトラックを整理します。アセットタイプ別にトラックを作成します。
  • 後で、移行しないエフェクトの確認と再現のために使用する参照ムービーを書き出します。
  • ビンでシーケンスを選択し、右クリックして、Output/Export to Fileを選択します。
  • AAFファイルを保存するためのAAF Exportsフォルダーを作成します。
  • "Untitled"書き出し設定で、Optionsボタンをクリックし、書き出し方法をカスタマイズします。
  • シーケンスの書き出し形式を「AAF」にして、「All Video Tracks and All Audio Tracks」を選択します。
  • 書き出し方法では、「Link-To (Don’t Export) Media」オプションを選択します。
  • Mixdown Video Effectsを選択すると、エフェクトがクリップに"固定"(ムービーがレンダリング)され、Premiere Proでエフェクトを編集することができなくなります。
  • ファイルをAAF Exportsフォルダーに保存します。

AvidのビンをALEファイルで書き出す

ALE(Avid Log Exchange)ファイルはテキストベースのメタデータ交換方式です。システム間で映像、ビデオ、オーディオデータを転送するのに使用します。これにはメディアに関する重要な情報が含まれます。名前、ファイルパス、ビデオ形式、デュレーション、タイムコード、シーン、テイク、ノート、コメント、LUT情報などです。


学習した内容:
AvidビンのALEファイルで書き出し、Premiere Proに読み込む方法

  • ビンのメタデータ列に必要事項がすべて記載されていることを確認してから、Premiere Proに移行するALEファイルを書き出します。
  • ビンのクリップが選択されていない状態で、ファイルメニューから、Output/Export Binを選択します。
  • ALE Exportsフォルダーを作成します。
  • 書き出しの設定では、「Avid Log Exchange」を選択します。
  • ファイルをALE Exportsフォルダーに保存します。
  • すべてのビンで同じ操作を繰り返します。

AvidのシーケンスをEDL(Edit Decision List)で書き出す

EDLには、どのフィルム/ビデオ/オーディオクリップを使用して最終カットに正しく配置するかを示す、リール/テープ/ディスク名とタイムコードデータを記載した順序付きリストが記載されています。EDL(Edit Decision List)はシーケンスで使用されているすべての素材のログ記録で、詳細なエフェクト情報も含まれます。Adobe Premiere ProはCMX3600 EDLファイルをサポートしています。


学習した内容:プリントショットリストおよび参照ファイルとして使用するため、AvidのシーケンスをEDLで書き出し、Premiere Proに移行されなかったエフェクトを再構築する方法

  • シーケンスを選択し、ツールメニューからリストツールを使用して、EDLを生成します。
  • リストに含めるデータのチェックボックスを選択します。カラーエフェクト、トランジション、サードパーティトランジション、EQエフェクトなどがあります。
  • 選択したデータのリストをプレビューして確認し、必要に応じて修正を加えて、「Save List」をクリックします。
  • EDL Exportsフォルダーを作成し、EDLファイルを保存します。

AvidシーケンスのAAFファイルをAdobe Premiere Proに読み込む

学習した内容:AvidシーケンスのAAFファイルをAdobe Premiere Proに読み込む方法

  • Adobe Premiere Proで新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトパネルを右クリックして、「読み込み」を選択します。書き出したAvid .aafファイルを指定して、「読み込み」をクリックします。
  • テキストファイルの変換レポートに、サポート外のメディアまたはエフェクトがアラート表示されます。
  • シーケンスとすべての関連クリップが入ったビンがプロジェクトに表示されます。シーケンスを専用のビンに移動します。ファイル/保存を選択します
  • 読み込んだ後、クリップによってはアラートが表示される場合があります。例えば、ステレオオーディオファイルは、シーケンスでは左右のモノチャンネルとして表示されます。該当する場合は、そのクリップが自動的に「復旧したクリップ」ビンに入ります。

ALE(Avid Log Exchange)ファイルをAdobe Premiere Proに読み込む

注意:Premiere Pro CC 2018以降のバージョンに対応

学習した内容:AvidビンのALEファイルをAdobe Premiere Proに読み込む方法

  • プロジェクトパネルを右クリックして、「読み込み」を選択します。書き出した.ALEファイルに移動します。ALEファイルを選択し、「読み込み」をクリックします。
  • 複数の.ALEファイルを一度に読み込み、Avidのプロジェクトから書き出したすべてのビンを含めることができます。
  • メタデータ列のヘッダーを右クリックすると、メタデータ表示パネルが表示されます。各ビンで、移行した情報を選択して表示します。
  • すべてのメディアファイルを再リンクします。
  • メディアをリンクパネルで、Avidシーケンスとビン情報の再リンク設定を調整します。「テープ名」のチェックを解除、「メディアブラウザーを使用してファイルを検索」のチェックを選択して、お気に入りの場所をメディアディレクトリーに保存します。

移行結果

学習した内容:シーケンスのエフェクトとメタデータの移行

  • Avidのメタデータ列にあるコメントフィールドなどのカスタム情報は移行されます。
  • サポート対象でないエフェクトには、シーケンスにマーカーが配置されます。
  • Avidのディゾルブや速度変化などのエフェクトは移行されます。
  • Avidのオーディオレベルとキーフレームは移行されます。
  • モーションパラメーターの一部は移行されますが、複雑なアニメーションは移行されない場合があります。
  • マスタークリップに固定されたLUT情報は移行されます。メタデータ表示列のLUT情報も同様です。
  • Avidのシーケンスでクリップに適用されたLUTフィルターエフェクトとカラーフィルターは移行されない場合があります。
  • マットキーを移行するとアルファチャンネルが消える可能性があります。
  • マルチカメラクリップはカメラアングルの異なるクリップに分割されますが、Avidのシーケンスでのアクティブなカメラアングルのみがシーケンスに配置されます。
  • AvidのクリップのビンをALEファイルで書き出し、ビンとしてPremiere Proに読み込めば、すべてのカメラアングルを使用できます。

ALE、AAF、EDLファイルをPremiere Proに読み込む際に、サポートされるメタデータとエフェクトについて詳しくは、Avid Media ComposerからAAFプロジェクトファイルを読み込むを参照してください。

Avidのビンの書き出し:AAFとALEの違い

  • AAFの場合は、MXFメディアに“リンク”可能なメタデータが転送されるか、またはAAFファイルにメディアを埋め込むことができます(コピーまたはコンソリデート)。
  • ALEの場合は、メディアをリンクするだけで、メディア本体は含まれません。
  • AvidシーケンスのAAFファイルをAdobe Premiere Proに読み込むと、MXFファイルにリンクされたクリップが含まれます。
  • AAFファイルとして書き出したAvidのビンは、Adobe Premiere Proに読み込むと、MXFファイルとリンクされます。
  • ALEファイルとして書き出したAvidのビンは、(Avid MXFファイルではなく)元のメディアとリンクされます。
10/18/2019

提供元:Christine Steele

このページは役に立ちましたか。