1つのシーケンスを別のシーケンスに挿入する、シンプルながらパワフルな編集ワークフローです。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。 

学習内容:シーケンスをソースクリップとして使用する

シーケンスのネスト化とは

シーケンスを別のシーケンス内に配置することをネストと呼びます。これにより、ネストされたシーケンスを1つのクリップとしてエフェクトと編集を適用できるため、シーケンス内の複数のクリップを個別に変更しなくて済みます。

ネストされたシーケンスは引き続き編集できます。

ネストされたシーケンスに変更を加えると、それが配置されたメインのシーケンスも動的に更新されます。

シーケンスをネスト化する

タイムラインの「ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書き」ボタンが選択されていることを確認します。

シーケンスを別のシーケンスにネスト化するには、以下のようにクリップをシーケンスに追加する場合と同じ編集テクニックを使用します。

既にシーケンス内にあるクリップから、ネストされたシーケンスを作成する

  1. 新しいネストされたシーケンスに含めるクリップを選択します。
  2. 選択したクリップを右クリックし、「ネスト」を選択します。
  3. 新しいシーケンスの名前を入力して、「OK」をクリックします。

現在のシーケンスで選択したクリップが、新しくネストされたシーケンスに変わり、プロジェクトパネルに表示されます。

ネストされたシーケンスを開き、編集する

ネストされたシーケンスは通常の編集可能なシーケンスのため、以下のとおりダブルクリックで開くことができます。

  • プロジェクトパネルでシーケンスをダブルクリック
  • タイムラインでネストされたシーケンスをダブルクリック

シーケンスのコンテンツを別のシーケンスに編集する

タイムラインの「ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書き」ボタンが解除されている場合は、シーケンスを別のシーケンスに編集すると、個別のクリップとして追加されます。

ヒント:1つのシーンのすべてのクリップをシーケンスに入れて、それをメインシーケンスのソースクリップとして使用します。そうすることで、シーケンスでの映像素材の活用方法が広がります。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:MakanaCreativeFocusStocker

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。