Adobe Premiere Proで、グラフィックのビデオエフェクトコントロールのプロパティに変化をつけてアニメーション化します。個別にキーフレームを設定しながら調整を加え、徐々に仕上げていきます。

タブレットで「THE LAST LANE」というタイトルのビデオを再生。大きなEの文字が回転して小さくなり、元の位置に収まる

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

編集ワークスペースではじめます。プロジェクトにグラフィックを読み込みます。プロジェクトパネルからシーケンスにグラフィックをドラッグします(例ではEという文字で、ムービータイトルの名前の最後の字です)。タイムラインパネルでグラフィックを選択し、グラフィックのクリップの開始位置に再生ヘッドを移動し、エフェクトコントロールパネルを開きます(ウィンドウ/エフェクトコントロール)。

文字Eのグラフィックが読み込まれ、エフェクトコントロールパネルが表示されている

位置、スケール、回転など、シーケンスでアニメーション化するビデオのプロパティのストップウォッチをオンにしてキーフレームを追加します。位置、スケール、回転など、シーケンスでアニメーション化するビデオのプロパティのストップウォッチをオンにしてキーフレームを追加します。再生ヘッドを少し進め、グラフィックが好みの外観になるまでキーフレームを設定したプロパティの値を変更します。再生ヘッドの移動とプロパティの値の変更を、アニメーションの最後まで繰り返します。プロパティの値が変更されるたびに、キーフレームが自動的に作成されます。既存のキーフレームを選択し(またはキーフレームの矢印の1つをクリックしてそこに移動し)、値を編集できます。

Eの文字が位置を変え、何度も編集されている。変更時に表示されるキーフレームは編集が可能

1つのプロパティのアニメーション化を終えたら、グラフィックのクリップの冒頭に戻り、他のプロパティをアニメーション化します。プログラムモニターにグラフィックのモーションパスを表示するには、「モーション」という文字をクリックします。

1つのプロパティのアニメーション化を終えたら先頭に戻り、クリップの他のプロパティをアニメーション化する

デフォルトでは、プロパティの値は、各キーフレームで設定した個別の値の間で、進行に伴って直線的に変わります。そのため、アニメーションが機械的に見える場合があります。より自然に見せるには、キーフレームを右クリック(または複数のキーフレームを囲んで選択し、1つを右クリック)し、メニューから別の時間変換設定(連続ベジェなど)を選択します。ダイアモンド形だったキーフレームの形状が選択に応じて変化します。

スムーズなトランジションにするには、キーフレームを右クリックし、「連続ベジェ」などの別の補間方法を選択する

シーケンスを再生します。キーフレームの値を変更してみたり、左や右に移動してタイミングを変えてみて、アニメーション化されたグラフィックがどのように変化するか試してみましょう。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン