Premiere ProのシーケンスをAdobe Auditionに送り、複数ファイルのバッチ処理やラウドネスの調整、複雑なサラウンドミキシングの自動化などをおこない完成したオーディオをAdobe Premiere Proに戻す方法を説明します

  1. Premiere Proでプロジェクトを開き、編集/Adobe Auditionで編集/シーケンスを選択します。
  2. ダイアログボックスで「シーケンス全体」を選択し、「Dynamic Linkを介して送信」を選択して「OK」をクリックします。
  3. Auditionですべてのオーディオファイルを選択し、ウィンドウ/ラウドネス一致を選択します。「ピーク振幅」を選択し、ピークボリュームを設定して「OK」をクリックします。
  4. トラックパンニングパネルを使用し、ミックスの表示と調整をおこないます。
  5. マルチトラック/Adobe Premiere Proへ書き出しを選択し、「書き出し」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン