長編映画の制作でも、製品レビューのプレゼンでも、ストーリーの伝え方がすべてです。
デスクトップコンピューターで作業している女性の画像、ローラースケートをする2人のビデオを編集している

ストーリーを伝える様々な方法

ビジュアルコミュニケーションを計画する際に、最も重要な確認事項のひとつがストーリーテリング(ストーリーの伝え方)です。映画制作、ライブプレゼンテーションでも、ノンリニア編集やモーショングラフィックスなどのテクニックを使用する場合でも、ストーリーテリングの原則は同じです。

夕暮れ時にボードウォークでローラースケートをする2人の画像、カリフォルニアの地図グラフィックをオーバーレイ表示している

物語の構築

ストーリーは始まり、中間、終わりで構成されている、と聞いたことがあるでしょう。しかし、順序は必ずしもこの通りとは限りません。

一般的な物語の構成と検討事項は以下の通りです。ストーリー制作の参考にしてください。

ヒーローが何かを必要としている、それは重要なものである

  • ストーリーのヒーローは誰か?
  • 何を求めているか、なぜそれが必要か?
  • それが手に入らないとどうなるか?

その危機感が高いほど視聴者は引き込まれます。

ヒーローが妨害にあう

  • 妨害は何か?
  • なぜそこにあるか?
  • 克服できるか?
  • できるならば、その方法は何か?
  • できないならば、それはなぜか?それに対してヒーローは何をなすべきか?

妨害を克服する

  • 妨害に対してどのように取り組むか?
  • この計画はうまくいくか?
  • どのように成功するか?

明確な物語のないプロジェクトに取り組む場合でも、ストーリー展開には主な段階があり、構成の確認に役立つでしょう。

手書きでスケッチしている人の画像、あるシーンを描いたいくつものストーリーボード

例えば、多くの人が困っている問題が解消する新製品のマーケティングビデオを作成する場合、視聴者を主人公と考えることができます。物語の始まりでは、困難に直面する主人公は、新製品も、それがどのように役立つかも知りません。そこから発見の旅に出た主人公は、新製品とその使い方を知り、問題を解決します。それがこの物語の中間と終わりです。

視聴者を引き込む

視聴者を引きつける最も重要な方法は、人間的な感情に訴えるストーリーにすることです。会社の成り立ち、キャラクターの変身、自己発見の体験談。ストーリーの出来事を動かすものに人間らしい感情を見つけることができれば、視聴者は間違いなく引き込まれるでしょう。

視聴者が最も感情移入するのは、人間らしいキャラクターです。Pixarは、ボールで遊ぶランプの有名なアニメーションでこれを実証しました。人間らしい感情を持つキャラクターが対応すれば、視聴者は引き込まれます。

明確に

明示的に伝えていない内容を、視聴者が知っているものと見込んで話を進めるのは避けましょう。視聴者は、話が飛躍して何が起こっているのか理解できないと気持ちが離れてしまうため、話をつなげる必要があります。

情報を伝え、教え、楽しませる

語り手は、視聴者にストーリーを聞かせ、それを感じてもらうことが目的です。視聴者が何か新しいことを学び、理解を深め、またはプロジェクトに取り組んだり楽しんだりすることができれば、そこで過ごした時間に満足し、また戻ってくるでしょう。

08/05/2020
このページは役に立ちましたか。