Adobe Premiere Pro CC、After Effects CC、Prelude CC内でシーケンスやコンポジションを共有し、チーム内で同時に作業できます。

チームプロジェクト(ベータ版)は共同作業のためのホスティングサービスです。ビデオ編集チームのメンバーは、Adobe Creative Cloudの各種ビデオアプリケーションを使用し、共有したシーケンスとコンポジションを使って、同時に作業できます。編集者とモーショングラフィックアーティストは、他の人の作業を上書きする心配もなく、プロジェクトを共有できます(チームプロジェクトはCreative Cloudエンタープライズ版およびCreative Cloudグループ版でのみ利用できます)。

新規チームプロジェクトに共同作業者を招待する

Creative Cloudエンタープライズ版またはCreative Cloudグループ版のアカウントにログインし、Adobe Premiere Proを起動します。スタート画面で「新規チームプロジェクト」をクリックします。チームプロジェクト名を付け、「編集」をクリックして、一緒に作業する共同作業者のメールアドレスをキューに追加し、「招待」をクリックします。「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

すべての共同作業者のCreative Cloudデスクトップアプリケーションに招待の通知が届き、各自そこで承諾または拒否を選択できます。

注意:既に所属しているチームプロジェクトを他のユーザーと共有するには、ファイル/チームプロジェクト設定を選択して、共有するユーザーの名前を追加します。プロジェクトの作成者は必要に応じていつでも共同作業者の追加と削除ができます。

最新の編集結果を反映させる  

プロジェクトに加えられた最新の変更を取得するには、チームプロジェクトパネルの一番下にある「最新の変更点を取得」をクリックします。

注意:編集/チームプロジェクト/最新の変更点を取得を選択しても、同様に取得できます。

編集結果を共有する

チームプロジェクトに編集を加えた後、チームプロジェクトパネルの一番下にある「変更内容を共有」をクリックします。次のダイアログボックスでは、変更に関するコメントを追加することも可能です。「共有」をクリックします。

注意:編集/チームプロジェクト/変更内容を共有を選択しても、同様に共有できます。

編集の競合を解決する

あるユーザーの変更が他の共同作業者の変更と競合(相違が発生)する場合は、「競合を解決」ボタンをクリックします。「競合を解決」ダイアログボックスで、次の3つの解決方法のいずれかを選択します。

  • 使用中のバージョンを保持
  • 共有バージョンを指定
  • 使用中のバージョンをコピーして名前を変更してから、共有バージョンを指定してください。

競合は個別に解決することも、すべてのアセットを一括選択して解決することもできます。「解決」をクリックして変更を適用します。

メディアを管理する

チームプロジェクトで使用したメディアは、ローカルマシンに保存されています。チーム内でアセットを共有するには、Creative Cloudアセット、ネットワーク共有ストレージ、その他のクラウドストレージを使用します。見つからないメディアがある場合は、メインメニューから、編集/チームプロジェクト/メディア管理を選択して、メディア管理ツールを開きます。ここでは、見つからないアセットの検索や、メディアの問題の修正などができます。表示されていなかったアセットを選択して、「新しいメディアマッピング」をクリックします。アセットが保存されている場所に移動します。

注意:チームプロジェクトの共同作業者は全員、そのプロジェクトのアセットにアクセスできる必要があります(各自でコピーを保存している場合を除く)。アクセスできないメディアはオフラインと表示されます。

以前のバージョンを表示する

チームプロジェクトで作業中にヒストリースライダーを使用して、プロジェクトの以前のバージョンを表示することができます。メディアブラウザーパネルで、ヒストリースライダーボタンをクリックします。ボタンの下に、共有バージョンのタイムラインと共同作業者によるコメント(記入した場合)が表示されます。旧バージョンのクリップまたはシーケンスをダブルクリックすると、そのアセットの読み取り専用コピーがソースパネルに表示されます。旧バージョンのアセットを最新のバージョンで使用するには、そのアセットを現在のチームプロジェクトにコピー&ペーストします。

チームプロジェクトはPremiere ProとAfter Effects間のAdobe Dynamic Linkに対応しているため、どちらのアプリケーションでも継続して作業を進められます。アプリケーションを切り替えるたびに、シーケンスやコンポジションをレンダリングまたは書き出しする必要はありません。

Media Encoderで出力する

チームプロジェクトから、Adobe Media Encoderを使ってメディアを書き出すことができます。書き出し設定ダイアログボックスでオプションを選択し、「キュー」ボタンをクリックします。プロジェクトがMedia Encoderに送信され、そこで詳細設定をおこなってからビデオをエンコードできます。

 

注意:チームプロジェクト(ベータ版)の最新情報については、共有ビデオプロジェクトでの同時作業をご覧ください。

06/08/2017
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ