Adobe Premiere Proのトラックマットキーを使用して、透明の文字やシェイプの中にビデオを再生します。
track-matte-video-inside-text-intro_900x506

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。使用されている「Mogul in the Wake」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

初めに、背景のクリップがV1に含まれているシーケンスを作成します。「グラフィック」ワークスペース(ウィンドウ/ワークスペース/グラフィック)で、文字ツールを選択し、プログラムモニターに直接タイトルを入力します。比較的太い文字を選択してください(Slab Serif体やグロテスク体など)。別の方法として、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorからロゴグラフィックを読み込んで(ファイル/読み込み)、必要に応じてすべてのレイヤーを結合して配置することもできます。CCライブラリのものを使う場合は、エッセンシャルグラフィックスパネルからドラッグできます。タイトルやグラフィックのスケールと位置を調整して、映像素材が(暫定的に)隠れるようにします。映像素材は、後でグラフィックから透けて見えるようにします。

track-matte-video-inside-text-step1

「編集」ワークスペースに切り替えます(ウィンドウ/ワークスペース/編集)。タイトルグラフィックをV3に移動し(OptionまたはAlt+上向き矢印キー)、その端をビデオクリップの長さに合わせてドラッグします。V1のビデオクリップをV2トラックに複製(OptionまたはAltを押しながら上にドラッグ)します。V1にある元のクリップの右端をドラッグして、3分の1のあたりまでトリミングします。 

track-matte-video-inside-text-step2

エフェクトパネル(ウィンドウ/エフェクト)で、検索フィールドに「トラックマット」と入力します。トラックマットキーエフェクトを、上のビデオクリップ(V2)にドラッグします。そのクリップが選択された状態で、エフェクトコントロールパネルの「マット」のターゲットを「Video 3」に設定します。そうするとすぐに、背景の映像素材が字形の中に表示され、外側の領域が黒くなります。ただし、シーケンスの最初の部分では、V1の同じ映像素材によって黒い領域が塗りつぶされるので、タイトルが見えません(デフォルトでは、「コンポジット用マット」に「アルファマット」が使用されています。読み込んだグラフィックにアルファチャンネルがない場合は、代わりに「ルミナンスマット」を使用してください)。

track-matte-video-inside-text-step3

下のビデオクリップ(V1)の右端を右クリックし、「デフォルトのトランジションを適用」を選択して、シースルーのタイトルがビデオの上に(ステンシルのように)フェードインするようにします。

track-matte-video-inside-text-step4

カットアウトタイトルを先に表示し、その後、その下の映像素材が徐々に現れるようにしたい場合は、V1のクリップの端をドラッグしてトリミングを変更し、右端ではなく、左端が3分の2のあたりまでトリミングされた状態にします。左端を右クリックして「デフォルトのトランジションを適用」を選択すると、目的のフェードアウトエフェクトが完成します。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

01/12/2020

Adobe Stock提供元:semery666, blackzheep

このページは役に立ちましたか。