Ultraキーエフェクト(クロマキーエフェクトの一種)を使用し、ピクセルカラーにもとづいて選択したクリップの特定の領域を透明にします。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。 

学習内容:特定のカラー範囲のピクセルを選択して、透明または不透明にする画像の領域を定義する

グリーンスバックを置換する

後で透明に変更するための背景カラーが選択しやすくなるように、被写体の撮影はよくグリーンバックの前でおこなわれます。そのため、キーイングはグリーンバック合成とも呼ばれます。Ultraキーエフェクトを使用して、グリーンバックの背景を透明にします。

  1. タイムラインで、グリーンバッククリップをV2に配置します。V1クリップの上です。
  2. エフェクトパネルの「キーイング」からUltraキーエフェクトをV2のグリーンバッククリップにドラッグします。
  3. タイムラインパネルでグリーンバッククリップを選択した状態で、そこに再生ヘッドを移動します。エフェクトコントロールパネルを開いて、Ultraキーエフェクトの設定を調整します。
  4. キーカラーでスポイトツールをクリックし、プログラムモニターに表示されている画像からグリーンのカラーを選択します。グリーンだった領域にV1の画像が表示されます。
  5. 合成画像にグリーンの色かぶりが残っている場合は、エフェクトコントロールパネルでUltraキーの設定を「強」に変更し、選択するカラー範囲を拡張してグリーンピクセルを除去します。

キーを調整する

Ultraキーエフェクトでは、画像内のどのカラーでも透明の設定に使用でき、エフェクト結果を細かく調整できます。

適用したUltraキーエフェクトのコンポジット画像、アルファチャンネル、カラーチャンネルを表示確認するには、「出力」メニューからそれぞれの項目を選択します。

透明にするカラー範囲を拡張または縮小するには、「設定」メニューを使用します。

  • 強:ピクセルカラー範囲を拡張して透明にする領域を追加します。
  • 弱:ピクセルカラー範囲を縮小して透明にする領域を削減します。
  • カスタム:透明領域のコントロールを手動で調整します。

その他の透明領域コントロール

「マットの生成」コントロールは透明領域の微調整に役立ちます。

  • 透明度:背景をキーイングしたときのソース画像の透明度を調整します。100は完全に透明、0は完全に不透明です。 
  • ハイライト:ソース画像の明るい領域の不透明度を調整します。
  • シャドウ:ソース画像の暗い領域の不透明度を調整します。
  • 許容度:選択したカラーの範囲を調整します。
  • ペデスタル:アルファチャンネルからノイズを除去し、光量の低い素材のキーを改善します。

「マットのクリーンアップ」コントロールは、透明領域のサイズを縮小またはエッジをぼかすのに役立ちます。

  • チョーク:アルファチャンネルマットのサイズを縮小します。
  • 柔らかく:アルファチャンネルマットのエッジをぼかします。

「スピルサプレッション」コントロールは、金髪など明るいカラー周辺のグリーンバックキーのクリーンアップに役立ちます。

  • 彩度を下げる:ピクセルから既に完全な透明に近いカラーを除去します。
  • 範囲:補正するスピルカラー量をコントロールします。

カラー補正コントロール は、キーの対象として選択したカラー範囲をスムーズにするのに役立ちます。

  • 彩度:前景ソースの彩度をコントロールします。
  • 色相:色相をコントロールします。
  • 輝度:前景ソースの輝度をコントロールします。

ヒント:Ctrlキー(Windows)またはCommandキー(macOS)を押しながら、スポイトツールでプログラムモニターの透明にするカラーをドラッグします。この方法では選択したカラーの5x5ピクセルの平均が計算されるため、多くの場合高品質なキーイング結果が得られます。

 

前:合成 | 次:クリップマスク

 

09/02/2020

Adobe Stock提供元:AILA_IMAGESBlackboxguildYuriiMichael SapryhinPond5MADDRATSergiy Bykhunenko

プレゼンター:Christine Steele   

このページは役に立ちましたか。