オーディオレベルの概要とオーディオメーターの読み方を学習します。

学習した内容:オーディオメーターの使用によるオーディオレベルのモニタリング

オーディオレベルの測定方法

通常、オーディオレベルはデシベルで測定されます。

オーディオレベルの最大値は0 dB

0デシベル(dB)が最大レベルで、それより小さいレベルは負の数(-15 dBなど)として測定されます。

ノイズフロアはほぼ無音となる

低レベルのバックグラウンドノイズをノイズフロアといいます。一定のレベルを下回ると、オーディオ信号はノイズフロアよりも小さくなり、ほぼ無音となります。

チャンネルごとにオーディオメーター1つ

オーディオメーターは、再生中のクリップまたはシーケンスに含まれるオーディオチャンネルごとに1つのメーターが表示されます。

オーディオメーターの範囲を選択する

  • オーディオメーターを右クリックしてオーディオの範囲を選択し、より正確にまたは広い範囲でレスポンスを確認できるようにします。

1つまたは複数のオーディオチャンネルを選択してモニタリングする

  • モニタリングしたいチャンネルのソロボタンをクリックすると、他のチャンネルがミュートになります。

固定ピークと最小値を表示する

  • オーディオメーターを右クリックして、固定ピークと最小値を有効にします。現在の再生における最高レベルと最低レベルが常時表示されます。

単色かグラデーションを選択する

  • オーディオメーターを右クリックして、グラデーションで表示するか、低、中、高レベルの3色の単色表示にするかを選択します。

ヒント:オーディオメーターで常に赤(高レベル)になるオーディオの場合は、ミックスを調整してレベルを下げ、ひずみが起きないようにします。

10/18/2019

メディア:Maxim Jago

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。