Adobe Premiere Pro CCでビデオを編集してみましょう。以下の手順に従い、新しいプロジェクトを作成し、ビデオとグラフィックを追加、最後にトランジションを適用します。
video-editing-project_1408x792

プロジェクトを作成する

Premiere Proを起動して、スタート画面の「新規プロジェクト」をクリックするか、メインメニューのファイル/新規/プロジェクトを選択します。新規プロジェクトダイアログボックスで、プロジェクトに名前を付け、「参照」をクリックして、保存先を選択します。「OK」をクリックします。

video-editing-project_step1

ワークスペースを設定する

まず、アセンブリワークスペースで始めることをお勧めします。画面上部の「アセンブリ」を選択するか、ウィンドウ/ワークスペース/アセンブリを選択します。次に、「メディアブラウザー」タブを選択するか、メインメニューのウィンドウ/メディアブラウザーを選択します。メディアファイルの保存先(ローカルドライブまたはネットワークドライブ)に移動します。ファイルがリスト状に表示される場合は、パネル下部のサムネールビューアイコンをクリックします。

video-editing-project_step2

メディアを確認し、読み込む

素材を読み込む前に、パネル上部のインジェストのチェックボックスをオンにして、ファイルのコピーをローカルドライブに保存するように設定します。この設定をしなければ、読み込む素材へのリンクだけを保持する状態になります。たとえば、ファイルがメディアカードに保存されている場合、後で取り外し、再利用する可能性もあるため注意が必要です(インジェスト機能を使用すると、バックグラウンドでAdobe Media Encoder CCが起動するため、あらかじめシステムにインストールしておく必要があります)。

ヒント:高解像度のメディアファイルを含む大規模なプロジェクトの場合は、ディスクドライブの空き容量を考慮して、読み込んだメディアを専用のストレージデバイスに保存することをお勧めします。初期設定のインジェスト設定をローカルハードディスクドライブから変更するには、インジェストボックスの横にある設定のアイコンをクリックして、「プライマリ保存先」を適切な場所に変更します。

ビデオのサムネールの上でマウスカーソルをゆっくり水平に動かすとプレビューできます。読み込むビデオを選択し、右クリック(Windows)またはControl+クリック(Mac)して、「読み込み」を選択します。読み込むすべてのビデオでこの手順を繰り返します。

video-editing-project_step3

クリップのシーケンスを作成する

画面上部の「編集」をクリック、またはウィンドウ/ワークスペース/編集を選択して、「編集」ワークスペースに切り替えます。読み込んだ素材がプロジェクトパネルに表示されます。プロジェクトパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/プロジェクトを選択して開きます。ファイルがリスト表示されている場合、それをサムネール表示に切り替えるには、パネル下部のアイコン表示をクリックします。

これで、シーケンスを作成する準備が整いました。シーケンスのタイムラインに沿って、ビデオクリップとオーディオを組み合わせます。シーケンスの最初に使用するビデオクリップを選択し、プロジェクトパネルから空のタイムラインパネル(表示されていない場合は、ウィンドウ/タイムラインを選択します)にドラッグします。

このシーケンスに別のクリップを追加するには、プロジェクトパネルからタイムラインパネルに配置されているクリップの次に、追加するクリップをドラッグします。タイムライン全体を占めるほど時間の長いクリップを追加した場合は、マイナス(-)キーを何度か押して、タイムラインをズームアウトします。ハット(^)キーを何度か押せば、再生ヘッドの位置をズームインできます。

video-editing-project_step4

クリップの長さを調整する

スペースバーを押して、プログラムパネルでここまでのビデオを再生してみます(表示されていない場合は、ウィンドウ/プログラムモニターを選択します)。再生を止めるには、もう一度スペースバーを押します。青い再生ヘッドを任意の位置にドラッグして、再生開始位置を変更できます。

注意:プログラムパネルでシーケンスを再生していて、画面に対して大きすぎる、または小さすぎるビデオクリップがあった場合は、タイムラインでそのクリップを右クリック(Windows)またはControl+クリック(Mac)して、「フレームサイズに合わせてスケール」を選択すると、適切なサイズで表示されます。

クリップを短く(トリミング)するには、クリップの端を希望の長さになるようドラッグします。

クリップの位置や長さを調整した後、シーケンスにギャップ(隙間)ができていないか確認します。ある場合は、クリップ間のギャップをクリックしてハイライト表示し、キーボードのDeleteキーを押してギャップをなくします。

video-editing-project_step5

クリップ間にトランジションを追加する

シーケンスにクリップが隙間なく並んだところで、クリップ間にトランジションを追加しましょう。プロジェクトパネルと同じパネルグループに、エフェクトパネルのタブがあります(表示されていない場合は、ウィンドウ/エフェクトを選択します)。「ビデオトランジション」から「ディゾルブ」を選択して、ディゾルブエフェクトを表示します。「クロスディゾルブ」を選択して、先ほどトリミングした2つのクリップの間にドラッグします。シーケンスを再生してエフェクトの見ばえを確認しましょう。

他のクリップ間についても、「暗転」、「ホワイトアウト」など、他のディゾルブエフェクトをお試しください。

video-editing-project_step6

次のステップ

素晴らしいスタートが切れました。このシリーズの続きもぜひご覧ください。ビデオ作品にタイトルとグラフィックを追加するビデオ作品に音を追加するで、プロジェクトを美しく仕上げることができます。

07/25/2017
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ