内容 (What's Covered) 

 

この文書は、Adobe Premiere Pro を使用して、ムービーにフェードイン/フェードアウト効果を適用する方法を紹介します。

「フェードイン」とは、徐々に映像が映し出されていくことで、逆に「フェードアウト」とは、徐々に映像が消えていくことを言います。

Premiere Pro では、クリップの不透明度をアニメートしたり、「暗転」のトランジションを適用することによりフェードインまたはフェードアウトさせることができます。

 

 

 

フェードイン/フェードアウトに使用する背景は主に「白」や「黒」を使用します。

背景に白いカラーマットを敷いて、ムービのフェードイン/フェードアウトを行うには、A. ~ B. を行ってください。

Premiere Pro 1.5 から追加された「暗転」トランジションを使用して黒い背景にフェードアウトしてからフェードインするには、以下の C. の方法を行ってください。

 

A. 白いカラーマットを作成する - 背景色を利用する場合

B. キーフレームを使用してフェードイン/フェードアウトを適用する

C. 「暗転」トランジションで黒い背景にフェードアウトしてからフェードインする(Premiere Pro 1.5 のみ)

 

 A. 白いカラーマットを作成する - 背景色を利用する場合

 

ムービのフェードイン/フェードアウトを行う前に、以下の手順で背景色となるカラーマットを作成します。

 

操作手順は、以下のとおりです。

  1. Premiere Pro を起動し、新規プロジェクトを作成します。
  2. [ファイル] メニューから [新規] - [カラーマット] を選択します。
  3. フェードイン/フェードアウトを適用するムービーの背景色(カラー)を選択し、 [OK] をクリックします。

    ※ ここでは、例として背景を白にするため RGB の各値を「255」に指定しました。

  4. 新規カラーマット名を入力し [OK] をクリックします。



  5. カラーマットが [プロジェクトウィンドウ] に静止画として登録されます。このカラーマットをタイムラインウィンドウの [ビデオ 1] トラックにドラッグ&ドロップして配置します。



  6. このカラーマットをタイムラインウィンドウの [ビデオ 1] トラックにドラッグ&ドロップして配置します。



     注意 : 初期設定では、カラーマットのディレーションが 5 秒です。そのため配置したクリップが小さく表示されます。必要に応じてディレーションを変更するには、手順 8. に進みます。



  7. タイムラインウィンドウ左下の [ズームイン] ボタンを何度かクリックして、クリップ表示を適度な大きさに変更します。



    ※ 必要に応じてディレーションを変更するには、手順 8. に進みます。



  8.  カラーマットのクリップを選択し、[クリップ] メニューから [速度・ディレーション] を選択します。



    以下の画面でディレーションの値を変更し [OK] をクリックします。ディレーションの変更は、後からも変更することもできます。



 

上記の操作で、白い背景となるクリップを作成することができます。次にムービファイルを開き、B. キーフレームを使用してフェードイン/フェードアウトを適用する を行ってください。

 

 B. キーフレームを使用してフェードイン/フェードアウトを適用する

 

ムービーにフェードイン/フェードアウト効果を適用するには、タイムライン上のクリップの不透明度を時間軸とともに変更させます。

※ ここでは例として、タイムラインウィンドウのキーフレームの操作におけるフェードイン/フェードアウトを適用する方法を紹介します。

 

操作手順は、以下のとおりです。

  1. Premiere Pro でプロジェクトを開きます。
  2. タイムラインウィンドウのビデオトラックに、フェードイン/フェードアウトを適用したいムービーファイルを配置します。



     注意 : 配置するトラックは、必ず [ビデオ 2] 以上(スーパーインポーズトラック)に配置してください。



  3. ムービーファイルを配置したトラックを展開するために、三角ボタン をクリックして、下向き に変更します。



  4. [トラックのキーフレームを表示アイコン] を押し続けて、「キーフレームを表示」を選択します。



  5. ビデオクリップの上部に「不透明度:不透明度」と表示され、また、オレンジ色の「キーフレームのグラフ」も表示されます。



  6. ビデオクリップを [選択ツール] でクリックしクリップが選択された状態にします。選択すると、クリップの色が反転されます。





  7.  次にフェードインを設定します。



    [時間インジケータ] をクリップの先頭(フェードインする開始位置)に移動させて、[キーフレームの追加/削除] ボタン をクリックします。



    ※ [キーフレーム] が時間インジケータと同じ位置に追加されます。





  8. 続けて [時間インジケータ] をフェードインの終了位置に移動させて、[キーフレームの追加/削除] ボタン をクリックします。



    ※ [キーフレーム] が時間インジケータと同じ位置に追加されます。





     
  9. 手順 7. で追加したクリップ先頭のキーフレームを下に移動させます。移動時には、タイムコードと不透明度が表示されます。



    ※ ここでは例として、タイムコードが「00;00;00;00」で、不透明度が「0.00 %」にキーフレームを移動しました。







    - 不透明度の設定により、フレームの見え方が変わります。不透明度 0 % ですべてのフレームが見えなくなり、不透明度 100% ですべてのフレームが表示されます。



  10. 次に、フェードアウトを設定します。[時間インジケータ] をフェードアウトの開始位置に移動させて、[キーフレームの追加/削除] ボタン をクリックします。
  11. 続けて [時間インジケータ] をフェードアウトの終了位置に移動させて、[キーフレームの追加/削除] ボタン をクリックします。
  12. 追加したフェードアウト終了位置のキーフレームを下に移動させます。移動時には、タイムコードと不透明度が表示されます。



    ※ ここでは例として、タイムコードが「00;00;10;00」で、不透明度が「0.00 %」です。



  13. 下図のように、オレンジ色の「キーフレームのグラフ」が台形の形になっていることを確認します。



  14. プレビューを行い、フェードイン/フェードアウトが適用されていることを確認します。

 

 C. 「暗転」トランジションで黒い背景にフェードアウトしてからフェードインする(Premiere Pro 1.5 のみ)

 

Premiere Pro 1.5 に追加された「暗転」トランジションを使用して、黒い背景にフェードアウトしてからフェードインすることができます。

操作手順は、以下のとおりです。

  1. Premiere Pro 1.5 でプロジェクトを開きます。
  2. タイムラインウィンドウのビデオトラックに、フェードイン/フェードアウトを適用したいムービーファイルを配置します。
  3. [ウィンドウ] メニューから [エフェクト] を選択します。
  4. 「ビデオトランジション」フォルダにある「ディゾルブ」カテゴリから「暗転」を選択します。



  5. 「暗転」トランジションをシーケンスに配置されているクリップとクリップの間にドラッグして追加します。
  6. プレビューを行い、黒い背景にフェードアウトしてからフェードインが適用されていることを確認します。



 

 

 

 

追加情報 (Additional Information)

 

 

 

 

上記の A. ~ B. の操作手順は、「ビデオクリップ」とその下の「カラーマット」のディレーションが両方とも「00;00;10;00」でフェードイン/フェードアウトする方法を説明しました。もし、「ビデオクリップ」のディレーションが長い場合は、背景となるカラーマットを、フェードインとフェードアウトが適用されている部分の下だけに配置しても、同じ操作を行えます。

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー