What's Covered (内容)

 

この文書は、 Premiere Pro の Adobe Title Designer を使用して文字をロール(画面を上下に移動)させたり、またはクロール(左右に移動)させる方法について説明します。

文字をロール/クロールとして作成するには A. を行い、作成したロール/クロールの文字をプレビューするには B. を行ってください。

 

A. 文字のロール/クロールの作成方法

B. 文字のロール/クロールをプレビューする

 

 A. 文字のロール/クロールの作成方法

 

文字のロール/クロールを作成するには、以下の操作手順を行います。

  1. Premiere Pro を起動し、プロジェクトファイルを開きます。
  2. [ファイル] メニューから [新規作成] - [タイトル] を選択します。
  3. [Adobe Title Designer - <名称未設定 1> ] ウィンドウが表示されます。



    背景にビデオクリップのフレーム映像を表示したい場合は、「ビデオを表示」にチェックを入れます。また、タイムコードを左右にドラッグすると背景の表示を変更することができます。



  4. [タイトルの種類] プルダウンメニューから「ロール」を選択します。



    ※ ここでは例として、文字が下から上へ流れるエンドロールを作成します。



  5. [文字ツール] を選択し、ロールさせたい文字を入力します。



    ※ ここでは例として、文字が見えやすいように「ビデオを表示」のチェックをはずしました。



  6. 必要に応じて、文字の行揃えを変更します。



    変更するには、[タイトル] メニューから [行揃え] を選択して、[左]、[中央]、[右] のいずれかに指定します。



  7. 必要に応じて、[選択ツール] を選択し、文字の位置を調整します。



  8. 文字に色をつけるには、オブジェクトスタイルの「塗り」を開き、「カラー」右隣りの四角いボタンをクリックして、[カラーピッカー] から任意の色を指定します。



    ここでは例として文字の色以外にも、文字の「傾き」を 25.0°、「影」を適用するように設定しました。







    ※ Adobe Title Designer の詳しい使用方法は、『Adobe Premiere Pro ユーザガイド』 P. 205 ~ 「第 7 章 Adobe Title Designer の使い方」を参照してください。
  9. [選択ツール] で文字を選択し、[タイトル] メニューから [ロール・クロールオプション] を選択します。
  10. 「開始スクリーン」と「終了スクリーン」にチェックを入れ、[OK] をクリックします。









    ロールまたはクロールをより細かくコントロールしたい場合は、次のタイミングオプションを必要に応じて指定します。

    以下は、各タイミングオプションの詳細です。



    開始スクリーン

    スクロールが表示の外側から始まり、内側へ移動します



    終了スクリーン

    オブジェクトが表示の外側に出るまでスクロールを続けます。



    プリロール

    スクロールの開始前に再生するフレーム数を指定します。



    加速

    再生速度に達するまでタイトルを加速しながらゆっくりスクロールするフレーム数を指定します。



    減速

    スクロールが終了するまでタイトルを減速しながらゆっくりスクロールするフレーム数を指定します。



    ポストロール

    スクロールの終了後に再生されるフレーム数を指定します。



    左へ右へ

    クロールの移動方向を指定します。
  11. [ファイル] メニューから [保存] を選択します。
  12. 保存する場所とファイル名を指定し、[保存] をクリックします。作成して保存したタイトル(*.prtl)は、[プロジェクト] ウィンドウ内に追加されます。



  13. [Adobe Title Designer] ウィンドウを終了します。

 

 B. 文字のロール/クロールをプレビューする

 

  1. プロジェクトに読み込まれた「*.prtl」ファイルを [タイムライン] ウィンドウに配置します。

     注意 : 画像と文字のロール/クロールとの合成を考慮した場合は、「ビデオ 2」以上のスーパーインポーズトラックに配置します。
  2. ディレーションを変更するには、エンドロールのクリップを選択し、[クリップ] メニューから [速度・ディレーション] を選択します。
  3. [クリップ速度・ディレーション] ウィンドウで任意のデュレーションを入力し、[OK] をクリックします。



    ※ 初期値のディレーションは、「00;00;05;00」です。ゆっくりとした長めのエンドロールを使用するには、ディレーションの値を増やします。ディレーションの値が大きくなるほど、ロール/クロール時の速度は遅くなります。



  4. [シーケンス] メニューから [ワークエリアをレンダリング] を選択し、プレビューをレンダリングしてロール/クロールの動作を確認します。



 

追加情報 (Additional Information)

 

 

Adobe Title Designer で作成したタイトルファイル(*.prtl)は、プロジェクトとは別のファイルとして保存されるため、保存後の再編集も可能です。Adobe Title Designer では、上から下にロールする機能はありませんが、クリップに「移動

」のモーションエフェクトを適用することにより可能となります。

 

また、[Adobe Title Designer] には、あらかじめ数多くのテンプレートが用意されています。例えば、学校行事や、お祝い事そして季節にちなんだものなど、さまざまな用途によってご使用いただけます。テンプレートを使用するには、 [Adobe Title Designer] ウィンドウの [テンプレート] ボタンをクリックして、Title Designer プリセットからお好みのテンプレートを選択します。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー