この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

問題点 (Issue)

 

Adobe Premiere Pro を起動すると、以下のエラーメッセージが表示されます。

 

  • 「オーディオドライバを読み込めません。Adobe Premiere Pro を再インストールしてから、再度実行してみてください。」



 

解決方法 (Solutions)

 

この問題を解決するには、以下の A. ~ D. のいずれかを行います。

 

A. Premiere Pro 1.5 にアップグレードします。

Premiere Pro 1.0 を Premiere Pro 1.5 にアップグレードします。

アップグレード情報については、弊社 Web サイト http://store.adobe.co.jp/shopping.asp?premiere を参照してください。

 

 

B. オーディオドライバアクセラレーションによる DirectSound オーディオドライバエミュレーションを無効にします。

以下の操作手順を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [サウンド、音声、およびオーディオデバイス] をクリックします。
  3. [サウンドの設定を変更する] をクリックします。
  4. [オーディオ] タブをクリックし、[音の再生] セクションの [詳細設定] ボタンをクリックします。
  5. [パフォーマンス] タブをクリックし、[ハードウェアアクセラレータ] を最大に設定します。



  6. [OK] をクリックし、全てのウィンドウを閉じます。
  7. Premiere Pro を起動します。

 

 注意 : Premiere Pro を再起動すると、「オーディオ入力がアクティブになっていないため、オーディオを録音することができません。」という警告が表示される可能性があります。オーディオ入力をアクティブにするには、以下の操作手順を行います。

  1. [編集] メニューから [環境設定] - [オーディオハードウェア] を選択します。
  2. [ASIO 設定] ボタンをクリックします。
  3. Direct Sound 入力ポートのリストのサウンドカードにチェックを入れます。

 

 

C. 最新の Direct X 互換 WDM オーディオドライバをインストールします。

お使いのサウンドカードに最新の Direct X 互換 WDM オーディオドライバをインストールします。

 

 

D. DirectX 互換 WDM オーディオドライバにアップデートします。

お使いのサウンドカードが、DirectX 互換 WDMオーディオドライバを搭載していない場合、サウンドカードの製造元に問い合わせて WDM オーディオドライバを入手します。

 

追加情報 (Additional Information)

 

- Premiere Pro 1.0 は Direct X 互換のサウンドカードがインストールされ、有効になっていることを必要とし、またオーディオドライバが DirectSound でエミュレートされていない場合、起動できません。

- Premiere Pro 1.0 は ASIO ドライバ互換性がありますが、起動の際には Direct X 互換 WDM オーディオドライバを必要とします。

- Premiere Pro 1.5 は ASIO 2.0 ドライバ、または Direct X 互換 WDM ドライバを起動時に必要とします。これらのいずれかのドライバがインストールされている必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー