この文書では、Adobe Premiere Pro で静止画からアニメーションを作成する方法について説明します。

A. 基本エフェクトを使用したアニメーション

基本エフェクトを利用して、静止画をアニメートすることができます。たとえば、モーションエフェクトではクリップに対して、移動/回転/スケールを設定する ことができます。また、各ビデオエフェクトのプロパティを調整して、エフェクトをアニメートすることもできます。アニメートするには、キーフレームを設定 する必要があります。

  1. ファイル/読み込み を選択し、あらかじめ用意しておいた画像を読み込みます。

  2. 読込んだ画像を、プロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグして配置します。

  3. 選択ツールで、タイムライン上の配置した画像のクリップを選択します。

  4. エフェクトコントロールパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/エフェクトコントロール を選択します。

  5. エフェクトコントロールパネルでモーションエフェクトを展開します。

  6. アニメーションの開始位置まで、時間インジケーターを動かします。

  7. 行うアニメーションのプロパティ横にあるアニメーションのオン/オフボタン をクリックします。

  8. プログラムモニターで、クリップの 8 つのハンドルの近くにカーソルを動かし、ポインターツールを使用して位置やスケールの変更、回転等を行います。

  9. 必要に応じて、6. ~ 8. の操作を繰り返し、アニメーションを作成します。

手順説明の動画

B. シーケンス画像を使用したアニメーション

Premiere Pro では、連番付きの静止画ファイルのシーケンスを読み込み、 1 つのビデオファイルとして扱うことができます。連番の最初のファイルを選択し、「画像シーケンス」にチェックを付けてを読み込むと、1 つの動画ファイルとして取り込まれます。連番の各ファイルはそれぞれ 1 つのフレームに変換されます。

  1. シーケンス画像を用意します。

  2. Premiere Pro でファイル/読み込み を選択します。

  3. 読み込みダイアログボックスでファイルを選択し、「画像シーケンス」にチェックを入れて「開く」ボタンをクリックします。

  4. 読込んだ画像を、プロジェクトパネルからタイムラインパネルにドラッグして配置します。

  5. 連番の画像ファイルが 1 つのビデオとして読み込まれます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー