この文書は、Adobe フォーラム に投稿された質問を元に作成されました。

Adobe Premiere Pro では、シーケンスの縦横比やフレームレートなどを指定することができます。例えばスマートフォン等で縦位置で撮影した動画を編集し、縦長画面のままの動画として書き出すことが可能です。ここでは縦横比 1:1 のシーケンスを作成する方法について説明しています。

縦横比を指定して新規シーケンスを作成

  1. プロジェクトパネル下部の新規項目アイコンをクリックし、「シーケンス」を選択します。

  2. 新規シーケンスダイアログボックスが表示されます。「設定」タブを選択します。

  3. 「編集モード」ポップアップメニューから「カスタム」を選択します。

  4. 「ビデオ」セクションの「フレームサイズ」を縦横同じ値に設定します。

    注意:

    シーケンス設定画面では、ピクセル縦横比やフレームサイズ、フィールドなどを指定することもできます。これらの項目に関する詳細は、追加情報を参照してください。

  5. 必要に応じてシーケンス名を変更し、「OK」をクリックします。

  6. 動画の縦横比を指定することができました。

既存のシーケンスの縦横比を変更

  1. 設定を変更する既存シーケンスを右クリックして、シーケンス設定を選択します。

  2. シーケンス設定ダイアログボックスが表示されます。編集モードを「カスタム」に設定します。

  3. 以降の操作は 縦横比を指定して新規シーケンスを作成 の手順 4 以降を参照してください。

追加情報 (Additional Information)

Premiere Pro のシーケンス設定では、フレームサイズ以外にも、タイムベースやピクセル縦横比、フィールドなどを細かく設定することができます。以下は主要な設定項目です。

  • タイムベース : フレームレートを意味します。フレームレートとは 1 秒あたりのフレーム数(コマ数)です。
  • ピクセル縦横比 : フレーム内のピクセルの幅と高さの比率を表します。シーケンス内に配置するクリップに合わせるのが最適です。ピクセル縦横比に関する詳細については、Premiere Pro ヘルプ「縦横比の操作」を参照してください。
  • フィールド : インターレース方式での 1 フレームを表示する表示順です。フィールドには奇数フィールドと偶数フィールドがあります。動画を出力するテレビやディスプレイがインターレース方式の場合、奇数フィールドと偶数フィールドが順番に表示されることで 1 フレームとして表示されます。Premiere Pro では最初に奇数フィールドが表示され、次に偶数フィールドが表示されます。順番は「ビデオ」セクションの「フィールド」で変更することができます。例えば「偶数フィールドから」を選択すると、偶数フィールドから再生が始まります。しかしフィールドの再生順が逆になると、スムーズな再生ができなくなるなどの問題が生じます。プログレッシブ方式で書き出す場合は、「フィールド」は「なし」にします。 フィールドに関する詳細については、Premiere Pro ヘルプ「インターレースとフィールドオーダー」を参照してください。

注意:

Premiere Pro には、シーケンス設定と配置されたクリップとでフレームサイズやピクセル縦横比の不一致があった場合、それを自動で修正する機能があります。設定が一致していないクリップをシーケンスに配置すると、以下のような確認のメッセージが表示されます。ここで「シーケンス設定を変更」をクリックすると、クリップに合わせてシーケンス設定が修正されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー