Windows において Premiere Pro、After Effects および Media Encoder で使用可能な ProRes 書き出しのサポートについて説明します。

次の Adobe Creative Cloud ビデオアプリは、Windows プラットフォームでの Apple ProRes の書き出しをサポートします。

  • Premiere Pro CC (13.0.2)
  • After Effects CC (16.0.1)
  • Adobe Media Encoder CC (13.0.2)

Apple ProRes は、高品質かつ高性能な編集の実現に向けて Apple が開発したコーデック技術です。プロによるポストプロダクションで最もよく使用されるコーデックの 1 つで、取得、制作、配信およびアーカイブに広く使用されます。アドビでは Apple と協力して、Premiere Pro および After Effects を使用するポストプロダクションの専門家たちに ProRes 書き出しを提供してきました。macOS および Windows における ProRes のサポートで、ビデオ制作の合理化と、Adobe Media Encoder によるサーバーベースのリモートレンダリングなど、最終出力の簡素化が可能になります。

Windows における Apple ProRes 書き出しは Premiere Pro バージョン 13.0.2 で使用可能です
Windows における Apple ProRes 書き出しは Premiere Pro バージョン 13.0.2 で使用可能です

最新の Adobe アップデートでは、ProRes 4444 および ProRes 422 の書き出しは、macOS および Windows 10 において Premiere Pro、After Effects および Media Encoder で使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー