マニュアル キャンセル

サポートされているファイル形式

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定リファレンス
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      4. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      5. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      6. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

Adobe Premiere Pro でサポートされているビデオ、オーディオおよび静止画像の最新の形式について説明します。

MOV、AVI、および MXF などの一部のファイル拡張子は、特定のオーディオ、ビデオまたは画像データ形式ではなく、コンテナファイル形式を表します。コンテナファイルは、様々な圧縮設定およびエンコード設定でエンコードしたデータを含むことができます。Premiere Pro はこれらのコンテナファイルを読み込むことができますが、それらに含まれているデータを読み込むことができるかどうかは、インストールされているコーデック(特にデコーダー)によって決まります。

シーケンスのサイズ

注意:

読み込むビデオファイルおよび静止画ファイルは、許容される最大サイズ以下である必要があります。最大シーケンスフレームサイズ(ピクセル)は、10,240×8,192(幅 x 高さ)です。シーケンス設定ダイアログボックスでこの最大値を超えるフレームサイズを設定しようとすると、自動的に最大値にリセットされます。

静止画とムービーのサイズ

読み込む静止画およびムービーの最大フレームサイズは 256 メガピクセルで、いずれの方向も最大サイズは 32,768 ピクセルです。16,000×16,000 ピクセルの画像および 32,000×8,000 ピクセルの画像は使用できますが、35,000×10,000 ピクセルの画像は使用できません。

読み込みでサポートされるネイティブビデオ形式およびオーディオ形式

Adobe Premiere Pro では、いくつかのオーディオ形式およびビデオ形式がサポートされ、ポストプロダクションワークフローに最新のブロードキャスト形式との互換性がもたらされます。

形式 詳細
3GP、3G2(.3gp) マルチメディアコンテナ形式
AAC  Advanced Audio Coding
AIFF、AIF  Audio Interchange File Format
Apple ProRes、ProRes HDR、ProRes RAW 

Apple ビデオ圧縮形式。

Apple ProRes は高画質のコーデックで、入力、制作、配信の形式として幅広く使用されています。アドビは Apple と共同で、編集者、アーティスト、ポストプロダクションの専門家に対し、Premiere Pro および After Effects 向けの包括的な ProRes ワークフローを提供しています。Windows と macOS で ProRes がサポートされることで、ビデオ制作が合理化され、最終的な出力がシンプルになります。例えば、Adobe Media Encoder でサーバーベースのリモートレンダリングが可能になります。

ASF   NetShow(Windows のみ)
ASND Adobe サウンドドキュメント
AVC-Intra Panasonic コーデック
AVI(.avi) DV-AVI、Microsoft AVI Type 1 および Type 2
BWF Broadcast WAVE 形式
CHPROJ Character Animator プロジェクトファイル
CRM

Canon EOS C200 などのカメラで作成された Canon Cinema RAW Light(.crm)ファイル

DNxHD ネイティブ形式の MXF and QuickTime ラッパーでサポートされる
DNxHR DNxHR LB、DNxHR SQ、DNxHR TR、DNxHR HQ および DNxHR HQX
DV  RAW DV Stream、QuickTime 形式
GIF  アニメーション GIF
H.264 AVC H.264 エンコーディングを使用する各種メディア
HEIF  Windows 10 日本語版(バージョン 1809 以上)および macOS 日本語版 10.13 以上の両方でサポートされている High Efficiency Image Format(HEIF)キャプチャ形式。Windows では、HEIF 画像拡張機能と HEVC ビデオ拡張機能の両方をインストールする必要があります。HEIF 画像拡張機能および HEVC ビデオ拡張機能について詳しくは、HEIF 画像拡張機能および HEVC ビデオ拡張機能を参照してください。
HEVC(H.265) 解像度最大 8,192 x 4,320 の H.265 メディア
M1V MPEG-1 ビデオファイル
M2T Sony HDV
M2TS Blu-ray BDAV MPEG-2 Transport Stream、AVCHD
M2V   DVD 準拠 MPEG-2
M4A MPEG-4 オーディオ
M4V MPEG-4 ビデオファイル
MOV   QuickTime 形式
MP3 MP3 オーディオ
MP4 QuickTime ムービー、XDCAM EX
MPEG、MPE、MPG MPEG-1、MPEG-2
MTS AVCHD
MXF Media eXchange Format。MXF は次のファイルをサポートするコンテナ形式です。
  • ARRIRAW 
  • P2 ムービー:AVC-Intra LT および AVC-LongG の MXF ビデオの一種である Panasonic の OP1b 形式、DV、DVCPRO、DVCPRO 50、DVCPRO HD、AVC-Intra の MXF ビデオの一種である Panasonic の Op-Atom 形式
  • AXS-R7 アドオンを併用した Sony F5、Sony F55、Sony Venice などのカメラによって生成される X-OCN フッテージ
  • Sony XDCAM HD 18/25/35(4:2:0)
  • Sony XDCAM HD 50(4:2:2)
  • AVC-LongGOP
  • XAVC Intra
  • XAVC LongGOP
  • XAVC QFHD Long GOP 4:2:2
  • JPEG2000
  • IMX 30/40/50
  • XDCAM EX
ネイティブ MJPEG 1DC
OMF オーディオプロジェクト形式
OpenEXR .EXR、.MXR および .SXR 形式のファイル
R3D RED R3D RAW ファイル
Rush Premiere Rush で作成された既存プロジェクト
VOB DVD メディアのコンテナ形式
WAV Windows Waveform
WMV Windows Media、Windows のみ
注意:

すべての QuickTime コーデックがデフォルトでサポートされるわけではありません。一部のコーデックでは、サードパーティ製のコンポーネントが必要です。

サポートされるネイティブカメラ形式

Premiere Pro では、トランスコードやファイルのフォーマット変換をおこなわずに、最新の DSLR カメラから幅広いネイティブメディア形式を処理できます。

ここに示すメディア形式は、Premiere Pro に直接読み込んで編集することができます。必要なコーデックは Premiere Pro に組み込まれており、特に記述がない限り、Windows と macOS の両方のシステムでサポートされます。

Premiere Pro では、読み込み時にマスタークリップとして適用される適切なカラー LUT による ARRI AMIRA カメラのサポートが組み込まれています。

Premiere Pro では、ALEXA LF(ラージフッテージ)ファイル形式を読み込むことができます。 

Canon Cinema EOS C300、C500、EOS R5、EOS-1D X Mark III カメラのフッテージを含む Canon XF と Canon RAW フッテージでネイティブに作業することができます。

Premiere Pro では、Canon 5D および 7D カメラでキャプチャした Apple ProRes ファイルおよび MOV ファイルを含めて、QuickTime 形式をそのまま読み込んで編集することができます。トランスコード、リラップまたは記録や転送をおこなうことなく、メタデータをクリップできます。

Premiere Pro では、次のカメラから圧縮されていない CinemaDNG メディアを読み込んで編集できます。

  • Blackmagic Cinema カメラ
  • Blackmagic Pocket Cinema カメラ
  • Convergent Design Odyssey7Q

CinemaDNG メディアを処理する場合、「ソース設定」にアクセスして、メタデータパラメーターを編集できます。最大の再生パフォーマンスを引き出すために、サポートされる GPU 上で CinemaDNG のデベイヤー高速処理が可能となります。

次のカメラ/カメラコーデックからネイティブ形式でメディアを読み込んで編集できます。

  • Panasonic AVC Ultra
  • Panasonic AVC-Intra 200
  • Panasonic AVC Ultra Long GOP(画像のグループ)
  • Panasonic P2 カメラと複数の P2 カード

また、Premiere Pro のメタデータパネルで、Panasonic 製カメラの取得メタデータを表示できます。この情報により、グレーディングをより簡単に開始できます。

サポート対象の Panasonic 製カメラで今回利用可能になったメタデータフィールドは、以下のとおりです。

  • カメラの製造元
  • カメラの機種
  • ビデオコーデック
  • ビデオビットレート
  • ISO 感度
  • ホワイトバランス色温度
  • キャプチャ時ガンマ
  • キャプチャ時色域

Vision Research Phantom カメラで撮影された Phantom Cine メディアをネイティブ形式で読み込んで編集できます。

Premiere Pro では、次のカメラおよびコーデックからの RED Digital Cinema(R3D)フッテージのネイティブ形式での処理がサポートされます。

  • REDcolor2、REDgamma2、REDlogFilm などの Color Science
  • RED ONE
  • RED EPIC
  • RED Rocket がサポートされる RED Scarlet-X カメラ
  • Red Dragon(RED Dragon 6K を含む)
  • RED Komodo
注意:

RED 形式のクリップでは、再生ヘッドのパフォーマンス向上および高速化のために、デベイヤー処理に GPU(OpenCL および CUDA)を使用します。

次のカメラからフォーマット変換やトランスコードなしで直接メディアを読み込んで編集できます。

  • Sony XDCAM
  • Sony XDCAM 50
  • Sony XAVC
  • Sony XAVC LongGOP(画像のグループ)
  • Sony XAVC-S
  • Sony A7S Mark III
  • Sony SStP
  • Sony RAW(F65、F55、F5、FS700 カメラ)
  • Sony Venice V3
  • Sony Venice V4  

メディアブラウザーを使用して読み込んだクリップを参照し、カメラメタデータを使用して整理することができます。

ネイティブカメラ形式の直接処理について詳しくは、このビデオチュートリアルを参照してください。

サポートされている静止画および静止画シーケンスファイル形式

注意:

Premiere Pro は 8bpc(4 バイト/ピクセル)および 16bpc(8 バイト/ピクセル)静止画ファイルをサポートします。

形式 詳細
AI、EPS Adobe Illustrator 
BMP、DIB、RLE ビットマップ
DPX Cineon/DPX 
EPS Adobe Illustrator 
GIF Graphics Interchange Format
ICO
アイコンファイル(Windows のみ)
JPEG
JPE、JPG、JFIF
PNG Portable Network Graphics
PSD Photoshop
PTL、PRTL Adobe Premiere タイトル
TGA、ICB、VDA、VST Targa
TIFF Tagged Interchange Format

サポートされているクローズドキャプションおよび字幕ファイル形式

形式

詳細

DFXP

配信形式交換プロファイル

MCC

MacCaption VANC

SCC

Scenarist Closed Caption File

SRT 

SubRip 字幕形式

STL

EBU N19 字幕ファイル

XML

W3C/SMPTE/EBU タイム付きテキストファイル

サポートされているビデオプロジェクトファイル形式

形式

詳細

AAF  

Advanced Authoring Format

AEP、AEPX  

After Effects project

CHPROJ

Character Animator プロジェクト

CSV、PBL、TXT、TAB

バッチリスト

EDL  

CMX3600 EDL

PREL

Adobe Premiere Elements プロジェクト(Windows のみ)

PRPROJ

Premiere Pro プロジェクト

XML

FCP XML

収録中ファイルのサポート

Premiere Pro は、このワークフローを必要とするユーザー向けに収録中ファイルをサポートしています。収録中ファイルとは、ディスクへの書き込みを継続的に実行し、インジェスト後も増大を続けるファイルです。このファイルは、Premiere Pro で設定される環境設定に基づいて、自身のデュレーションを自動的に更新します。

MXF ラッパー内の収録中ファイルに対応するコーデック

  • AVC-Intra Class 50/100
  • IMX 30/40/50 
  • XDCAM HD 50/35/25/18 RDD9(XDCAM HD の低レイテンシーのバージョンはサポートされていません)
  • OP1B ファイル

収録中ファイルを自動更新するかどうかと更新の頻度は「メディア環境設定」で指定できます。更新されたデュレーションはプロジェクトパネルとソースモニターで確認できます。更新されたデュレーションはタイムラインで編集することもできます。詳しくは、メディア環境設定を参照してください。

収録中ファイルを読み込めるのは、Premiere Pro がそのファイルの格納先ボリュームを読み取れる場合に限られます。Premiere Pro は UNC パス("//somewhere/something")からフッテージを読み取ることができますが、そのドライブがマッピングされている("H:\somewhere\something")必要があります。その状態であれば、ファイル/読み込みコマンドを使用してファイルを読み込むことができます。その後は、他のクリップを編集する場合と同様の方法で、読み込んだクリップを編集できます。

可変フレームレートファイルのサポート

可変フレームレート(VFR)とは、ビデオ圧縮に関する用語で、ビデオ再生時にフレームレートが変動するビデオ形式を指します。モバイルデバイス(iOS や Android など)を使用して作成されたほとんどのビデオや、e ラーニングアプリケーション(ScreenFlow、Twitch など)では、VFR 形式を使用しています。

Premiere Pro の VFR フッテージの検出

フッテージを選択し、ファイル/プロパティ情報/選択をクリックします。VFR フッテージが検出されたかどうかが表示されます。

また、タイムラインパネルでクリップを右クリックし、プロパティ選択することもできます。

VFR フッテージであることを示す Premiere Pro のプロパティパネル
VFR フッテージであることを示す Premiere Pro のプロパティパネル

可変フレームレートのフッテージのオーディオの同期を保持

携帯電話や DJI Phantom などのデバイスから読み込んだ可変フレームフッテージを、オーディオとビデオの同期を手動で調整することなく統合できるようになりました。

  1. プロジェクトパネルまたはソースモニターで VFR クリップを選択し、エフェクトコントロールパネルのマスタークリップエフェクトをクリックします。

  2. 次のオプションを切り替えます。

    VFR フッテージのオーディオとビデオの同期オプション
    VFR フッテージのオーディオとビデオの同期オプション

    オーディオ同期を保持

    このオプションでは、オーディオとビデオが同期されるようにソースをデコードします。オーディオ同期を保持では、フレームを追加またはドロップしますが、その結果ビデオの表示が途切れ途切れに見えることがあります。オーディオ同期の保持は、オーディオが含まれるすべての VFR クリップのデフォルトです。

     

     

    ビデオモーションを滑らかに

    このオプションでは、ソース内の使用可能なフレームをすべてデコードします。オーディオ/ビデオの同期を維持するための処理はおこないません。その結果、ビデオモーションが滑らかになります。モーショングラフィックスを利用しており、デコード可能なビデオフレームがすべてデコードされることが重要な場合に、この設定を選択できます。ビデオモーションを滑らかには、Premiere Pro が VFR クリップのオーディオを検出しない場合のデフォルトです。

可変フレームレートのサポートに関する制限事項

  • プロキシ、統合またはトランスコードワークフローを使用する場合、編集前に VFR マテリアルを固定フレームレートにトランスコードすることをお勧めします。
  • Premiere Pro 12.0.1 またはそれ以降のバージョンでプロジェクトを開いた場合、それ以前のバージョンの Premiere Pro で手動で同期した VFR フッテージを再同期する必要があります。
アドビのロゴ

アカウントにログイン