ビデオのコントラストとカラーにメリハリを利かせることで、鮮やかな映像が完成します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。 

学習内容:カラー調整を使用してビジュアルを鮮やかに仕上げる

明るさとコントラストの追加

カラーパネルの編集タブでスライダーをいくつか調整することで、映像に明るさとコントラストを追加できます。

  • 露光量スライダーを右に動かすと、画像がより明るくなります。
  • コントラストスライダーを右に動かすと、ビデオのコントラストが大きくなります。

ハイライトとシャドウの調整

ハイライトを調整すると、画像のなかで最も明るい部分をもっと明るくしたり、暗くしたりすることができます。シャドウを調整すると、画像のなかで影になっている部分をもっと暗くしたり、明るくしたりすることができます。

  • ハイライトスライダーを右に動かすと、ハイライトがやや強くなります。
  • シャドウスライダーを左に動かすと、コントラストが大きくなります。

自然な彩度と彩度の調整方法

自然な彩度を上げると、肌の色はそのまま維持され、画像のなかで最も彩度の低い部分の彩度が上がります。彩度を上げると、画像全体の彩度が上がります。そのため、彩度は少しだけ上げるようにすることをお勧めします。

  • 自然な彩度スライダーを右に動かすと、自然な彩度が強くなります。
  • 彩度スライダーを右に動かすと、彩度が強くなります。

色かぶりの補正

画像によっては、より鮮やかに表現するためにスタイルを変更する場合があります。

色かぶり補正スライダーを右に動かすとビデオ画像のピンクが強くなり、左に動かすとグリーンが強くなります。

画像の色温度の調整

  • 色温度スライダーを右に動かすとビデオの色の温かみが増し、左に動かすとブルーが強くなって冷たい印象になります。

画像をシャープにする方法

  • 最終仕上げとして、シャープスライダーを少し右に動かすと、ビデオ画像のエッジにコントラストが追加されます。

補正前と補正後の比較

  • 青い切り替えボタンをクリックして、元のビデオのカラーと補正後のバージョンを比較します。

ヒント:まず再生ボタンを押し、タイムラインで映像を確認しながら、青い切り替えボタンをクリックして結果を比較します。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:kohanova1991

プレゼンター:Premiere Gal

このページは役に立ちましたか。