解説動画やゲーム実況などでよく見る、動画のピクチャーインピクチャー。メインの動画を背景に、手前に小さく解説者の顔が出るような動画を、Premiere Rushを使って手早く作成してみましょう。
複数の動画を組み合わせたクリエイティブな動画の作り方 Part 2:動画の4分割


 

本チュートリアル内で使用する主な機能

タイムライン、クロップ、クリップの長さ調整

 

作業に入る前に、下の動画で一連の作業の流れを見ていきましょう。

※このチュートリアルは、タブレット版のPremiere Rushを使っての編集となります。デスクトップ版とスマートフォン版のユーザーインターフェイスとは異なる場合もあります。

 

今回は、Premiere Rushに素材が読み込まれた状態からスタートします。素材の読み込み方法については、Part1をご覧ください

手順 1/4

動画を重ねる

タイムラインに2つのクリップが並んでいます。1つは人物の動画、もう1つはメインの動画です。まずこれらの動画を重ねて配置します。

背景となるメイン画像を下に、手前に小さく表示する人物動画を上にします。人物動画のクリップをドラッグして、メイン画像の上の段に配置します。

複数の動画を組み合わせたクリエイティブな動画の作り方 Part 2:動画の4分割

手順 2/4

タイミングを合わせる

2つの動画を同時に撮影することで、タイミングの調整は不要になります。

別々に撮影した動画のタイミングを合わせる場合は、撮影する際に開始ポイントで手を叩く音などを入れておくことで、クリップに表示された音の波形を目安にタイミングを合わせることができます。

複数の動画を組み合わせたクリエイティブな動画の作り方 Part 2:動画の4分割

手順 3/4

動画のサイズ調整(1)

上に重ねた人物動画のサイズを小さくしてみましょう。タッチ操作対応のデバイスであれば、動画のサイズ調整を非常に直感的な操作でおこなうことができます。

サイズ調整するクリップ(上)を選択し、続いて画面上をタップします。すると動画の周りに丸いハンドルが付いた四角形のフレームが表示されます。その状態で、2本指を使ってピンチインすることで、画像サイズを小さくできます。

さらに動画をタップ&ドラッグすることで、好きな場所に配置できます。

複数の動画を組み合わせたクリエイティブな動画の作り方 Part 2:動画の4分割

手順 4/4

動画のサイズ調整(2)

タッチ操作に対応していないデバイスをお使いの方や、もっと正確にサイズや位置を調整したいという方は、スライダーと数値入力による調整も可能です。

サイズ調整するクリップ(上)を選択し、右側にある「変形」をタップしてパネルを開きます。サイズを調整するには、「スケール」のスライダーを動かすか、数値をタップしてキーボードで任意の数値を入力します。

位置を調整するには、「基本」の項目にある「水平位置」および「垂直位置」を調整します。回転や不透明度もここで調整できます。

たったこれだけで編集は完了です。動画の書き出しについては、Part1をご覧ください

複数の動画を組み合わせたクリエイティブな動画の作り方 Part 2:動画の4分割

 

ピクチャーインピクチャーの動画は、セミナー動画や別アングルの同時再生など、さまざまな用途に活用できます。ぜひ試してみてください。

このチュートリアルシリーズでは、3回にわたって複数の動画を組み合わせた動画の作り方をご紹介してきました。

Premiere Rushにはこの他にもたくさんの機能があります。引き続き、動画編集のテクニックを磨いてください。

このページは役に立ちましたか。