あらかじめ用意されたカラープリセットと基本的なカラー編集機能を使用して、レトロな映像を作成します。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの練習目的でのみ使用可能な、Adobe Stockの素材が含まれています。このファイルの利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。Adobe Stockには、商用利用可能なロイヤリティフリーの画像とビデオが1億点以上あります。1ヶ月の無料体験期間中は画像を10点までご利用いただけます。

学習内容:新しいビデオ素材をビンテージフィルムのような映像に仕上げる

フィルムプリセットの追加

  • カラーパネルでフィルムプリセットをクリックします。パネルの下部にあるスライダーを動かして、適用したプリセットの強さを調整できます。

色かぶりと色温度の調整

  • カラーパネルの「編集」タブにある色かぶり補正スライダーと色温度スライダーを使用して、ビデオのグリーンやピンクの色合いを強くします。

色あせたフィルムに加工

  • ビデオを古びた感じにするために、色あせたフィルムスライダーを動かして、画像の色あせを増やします。

シャープの低減

現在の映像はシャープで細部までクリアなため、画像のシャープを低減すると昔のフィルムらしく見えます。

  • シャープスライダーを左に動かして、ソフトな映像に見えるようにします。

ビネットの追加

  • ビネット適用量スライダーを左に動かし、周辺部分の黒い領域を増やします。
  • ビネットぼかしスライダーを右に動かし、ビネットのエッジを柔らかくします。

縮小とエッジのぼかし

ビンテージ風の映像を作成する方法として、画像を縮小してスクリーンに映し出されたように見せる方法も人気があります。

  1. 切り抜きと回転アイコンをクリックし、「スケール」セクションで幅スライダーまたは高さスライダーを動かして、縦横比を維持したままビデオを縮小します。
  2. 「詳細」セクションで、エッジをぼかすスライダーを動かし、ビデオの境界をぼかします。

ヒント:ビデオの縮小やエッジのぼかしは個人のお好みで任意に適用してください。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:Silverkblack

プレゼンター:Premiere Gal

このページは役に立ちましたか。