この記事シリーズの目的は、公式の Adobe 同時視聴数モニタリングのドキュメントの補足として、過去に顧客が問題に直面した特定の分野を指摘し、CM を実装する際のいくつかの一般的な落とし穴を回避する方法についてのガイダンスを提供することです。

 

  • 「subject」の値として upstreamUserId を使用する - 近日公開
  • 同時視聴数モニタリングをオンまたはオフにする - 近日公開
  • 同時視聴数モニタリング API を使用したことで過充電されるのを避ける - 近日公開
  • 4 つの同時視聴数モニタリング API 呼び出しについて
  • ポリシーに必要なメタデータについて - 近日公開
  • メタデータを渡すための適切な構文 - 近日公開
  • 常に「チャネル」メタデータを渡す場合 - 近日公開
  • URL エンコードパラメーター - 近日公開
  • パラメーターの大文字と小文字の区別 - 近日公開