Google Playでは、Adobe Authentication Native Android SDK が実装されている Android アプリケーションをプログラマーが送信すると、WebView SSL エラーハンドラの問題によりアプリが却下されます。

WebView SSL のエラーハンドラの問題によって Google Play でアプリが却下される | Adobe Authentication Native Android SDK

これは、Android アプリケーションでWebViewClient.onReceivedSslError ハンドラが安全に実装されているからです。2016 年 11 月 25 日以降Google Play は、この脆弱性を含む新しいアプリやアップデートが公開されないようブロックを開始しました。詳しくはこちらをご覧ください。

プログラマーは、コードからこのメソッドの実装を削除する必要があります。

onReceivedSslError(WebView ビュー、SslErrorHandler ハンドラー、SslError エラー)

プログラマーが DemoApp を参照し、アプリケーションに DemoApp ソースがある場合、次の場所から onReceivedSslError を削除する必要があります。

MainActivity.java、MvpdLogoutActivity.java、 MvpdLoginActivity.java。

Adobe Authentication Native Android SDK ライブラリは、SDK バージョン 1.9.1 以降に準拠しています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー