Android TVSDK で Illegal_State イベントが発生した場合

Illegal_State は、通常、プレーヤーが アイドル状態でない場合に発生します。reset() は通常、replaceCurrentResource() の前に呼び出されます。同じものに一連のイベントが含まれているため、プレーヤーは reset() が完了するのを待つ必要があります。

MediaPlayer インスタンスをリセットすると、MediaPlayerStatus で定義されているように、初期化されていないアイドル状態に戻ります。この操作は、次のような場合に便利です。

MediaPlayer インスタンスを再利用したいが、新しい MediaResource(ビデオコンテンツ)をロードして前のインスタンスを置き換える必要がある場合。リセットすると、リソースの解放、MediaPlayer の再作成、またリソースの再割り当てのオーバーヘッドなしに MediaPlayer インスタンスを再利用できます。MediaPlayer が エラー状態の場合、クリアする必要があります。

重要:これはエラーステータスから回復する唯一の方法です。MediaPlayer インスタンスを初期化されていない状態に戻すには、reset を呼び出します:void reset() throws MediaPlayerException;

メソッド: replaceCurrentResource()。TVSDKでは、MediaPlayer の replaceCurrentResource メソッドを使用して、再生用のコンテンツをロードして準備することが可能です。このメソッドは、MediaPlayerResourceのインスタンスと、オプションでMediaPlayerItemConfigのインスタンスの 2 つの引数を受け取ります。これらのインスタンスを使用して、アプリケーション定義のカスタムパラメータを引き渡すことができます。MediaPlayerインスタンスを再利用したいけれど、新しいMediaResource(ビデオコンテンツ)をロードして、前のインスタンスを置き換える必要がある場合に使用されます。リセットすると、リソースの解放、MediaPlayer の再作成、またリソースの再割り当てのオーバーヘッドなしに MediaPlayer インスタンスを再利用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー