Adobe RoboHelp Server 11 のアウトバウンドアクセスのホットフィックス

問題

アドビは、RoboHelp Server 11 アップデート 1 およびそれ以前のバージョンのセキュリティホットフィックスをリリースしました。このホットフィックスによって、ユーザーに影響を与えるような、コードが実行される任意の脆弱性が解決されます。

詳しくは、アドビのセキュリティ速報(APSB21-87)を参照してください。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順を実行します:

注意:

変更を行う前に、WEB-INF フォルダーのバックアップを作成して、RoboHelp Server の作業インスタンスをすべて閉じてください。

  1. 次の .zip ファイルをダウンロードしてコンテンツを解凍します。

    ダウンロード

  2. RoboHelp Server 11 がインストールされている WEB-INF フォルダーに移動します。デフォルトのインストール場所は次のとおりです:

    C:/Program Files/Adobe/Adobe RoboHelp Server 11

  3. WEB-INF/classes/adobe/robohelp/server/ の下にあるファイルを、ダウンロードした zip から抽出したコンテンツに置き換えます。

  4. Tomcat を再起動します。

  5. RoboHelp Server を再起動します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン