プロジェクトを FrameMaker から RoboHelp Server 10 に公開する

以下に示す手順に従って、プロジェクトを Adobe FrameMaker (2015 release アップデート 3.1 以降)から Adobe RoboHelp Server 10 に公開します。

注意:

以下の手順は、レスポンシブ HTML5 出力に適用されます。 ここで、以下の手順を実行する前に、RoboHelp Server 10 がインストールおよび導入されていることを確認します。

  1. 公開するファイル(.fm または .xml)またはブック(.book または .ditamap)を選択します。

  2. 「ファイル」「公開」を選択します。

  3. 公開ポッドでレスポンシブ HTML5 を右クリックし、「設定の編集」を選択します。

    デフォルトで、レスポンシブ HTML5 が選択された状態で「出力」タブが表示されます。

  4. 「サーバー」タブを選択します。

  5. 「新規作成」をクリックし、プロジェクトを公開する RoboHelp Server の宛先を作成します。

  6. 新規保存先ダイアログで、記述名サーバー名ユーザー ID、およびパスワードを入力して、RoboHelp サーバーに接続して認証します。

  7. 「リフレッシュ」ボタンをクリックして、サーバーからの領域一覧をリフレッシュします。

    領域を選択しない場合、プロジェクトは初期設定の領域に公開されます。

    注意:

    デフォルトのコンテキスト(robohelp)に公開するには、http://<サーバー名>:<ポート番号>形式でサーバー名を入力します。FrameMaker ではこれに /robohelp/server が追加されます。そのほかに、robohelp 以外のコンテキストに公開するには、http://<サーバー名>:<ポート番号>/<コンテキスト名>/server の形式で完全な URL を指定します。

  8. 「OK」をクリックしてサーバー構成を保存し、新規保存先ダイアログを閉じます。

    新規サーバー保存先がサーバーダイアログに表示されます。

  9. 「保存して閉じる」をクリックして、公開設定ダイアログを閉じます。

  10. プロジェクトをサーバーに公開するには、公開ポッドで「レスポンシブ HTML5」を右クリックし、「サーバーに公開」をクリックします。

  11. 公開結果ダイアログで「公開」をクリックします。

    公開結果ダイアログで、サーバー上に公開されるファイルを表示できます。

    FrameMaker の統計ダイアログ

  12. サーバー上のプロジェクトを表示するには、RoboHelp Server Web Administratorプロジェクトに移動して、プロジェクトを公開した領域を選択し、「プロジェクトの表示」をクリックします。

     

    RoboHelp Server Web Administrator ダイアログ

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]