トランジションを追加および変更、カラープリセットを追加、およびその他の調整ツールを使用して、Adobe Premiere Rush CC ビデオを目立たせる方法を学習します。

トランジションの追加と編集

クリップの最初と最後にトランジションを追加するには、タイムラインでクリップを選択し、トランジションパネルで任意のトランジションプリセットをクリックします。トランジションを適用した後、「編集」タブで、トランジションのデュレーションを調整できます。また、タイムラインでトランジションをダブルクリックし、そのデュレーションを編集することもできます。最後に、タイムラインでトランジションをクリックして、トランジションの周囲にオレンジ色のハンドルを表示させることもできます。これらのオンレンジのハンドルを内側や外側にドラッグすることで、トランジションのデュレーションを短くしたり、長くしたりすることができます。

トランジションの追加と編集
トランジションの追加と編集

トランジションを削除するには、タイムライン上のトランジションを選択し、キーボードの Del キーを押します。

トランジションのデュレーションをタイムラインまたはトランジションパネルで編集できる
トランジションのデュレーションをタイムラインまたはトランジションパネルで編集できる

クリップのカラーの調整

カラープリセットを適用することで、クリップのカラーを調整できます。または、カラーパネルの「編集」タブから、露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、色温度、濃淡、自然な彩度、彩度、またはその他のカラーコントロールを手動で調節することもできます。カラーのプリセットを追加すると、「編集」タブに移動してその他の詳細な調整をおこない、引き続きビデオの外観を微調整することができます。

クリップのカラーの調整
クリップのカラーの調整

カラープリセットを追加するには、タイムラインのクリップを選択してカラーパネルを開き、プリセットをクリックします。プリセットを選択した後に、「プリセット」タブの下部にある強さスライダーを使用してプリセットの強さを調整したり、「編集」タブでカラープロパティを細かく編集したりできます。また、カスタムのプリセットを作成し、タイムラインの他のクリップや、他のプロジェクトで使用することもできます。

カラープロパティをさらに編集するには、プリセットをダブルクリックするか、「編集」タブをクリックします。カラー調整設定は、「基本」および「詳細」コントロールに分かれています。

カラープリセットの追加、強さの微調整、カラープロパティの調整
カラープリセットの追加、強さの微調整、カラープロパティの調整

基本:

  • 露光量:クリップの露光量を調整します。
  • コントラスト:クリップのコントラストを調整します。
  • ハイライト:クリップ内の明るい領域の明るさを調整します。
  • シャドウ:クリップ内の暗い部分の暗さを調整します。
  • 色温度:ホワイトバランスを微調整します。スライダーを左に移動すると寒色系になり、右に移動すると暖色系になります。
  • 色かぶり補正:ホワイトバランスを微調整します。スライダーを左に移動すると緑の濃淡が追加され、右に移動するとマゼンタの濃淡が追加されます。
  • 自然な彩度:彩度が高いカラーへの影響を抑えながら、クリップ内の控えめなカラーの強さを調整します。
  • 彩度:クリップ内のすべてのカラーの彩度を、0(モノクロ)~ 200(彩度 2 倍)の範囲で均等に調整します。

詳細: 

  • 色あせたフィルム:クリップに色あせたフィルムのエフェクトを適用します。
  • シャープ:エッジの鮮明度を調整して、よりシャープな外観のビデオを作成します。
  • ビネット - 適用量:画像のエッジを明るく(暗く)する量を設定します。
  • ビネット - ぼかし:ビネットのエッジを定義します。小さい値を指定すると、エッジがよりハードでシャープになり、大きな値を指定するとエッジがよりソフトで厚くなります。

プリセットの作成

カスタムプリセットを作成して保存しておくと、後で使用できます。カスタムプリセットには、カラープリセットと「編集」タブの設定を含めます。作成したプリセットは、「プリセット」タブの「プリセット」セクションに保存されます。

プリセットの作成
プリセットの作成

カラーパネルでおこなったカラー調整を元にしてプリセットを作成するには、カラーパネルを開き、•••その他のオプション)ボタンを選択し、「プリセットの作成」を選択します。

クリップの切り抜きと回転

切り抜き、回転、およびスケールを使用してクリップの外観を変更できます(ピクチャインピクチャエフェクトを作成するなど)。このような調整をおこなうには、タイムラインでクリップを選択して「切り抜きと回転」パネルを開きます。調整設定は、「基本」および「詳細」コントロールにグループ化されています。

基本:

基本」コントロールを使用すると、クリップの位置とスケールを調整できます。

基本変形設定
基本変形設定
  • 水平位置:クリップの水平位置を調整します。
  • 垂直位置:クリップの垂直位置を調整します。
  • 回転:右にドラッグするとオブジェクトが +180°回転し、左にドラッグすると -180°回転します。
  • スケール(縦横比を維持):このチェックボックスがオンの場合は、スケール(幅)とスケール(高さ)の両方を均等に維持してスケールが調整されます。オフの場合は、幅と高さを個別に調整できます。
  • スケール(幅):クリップの幅を調整します。
  • スケール(高さ):クリップの高さを調整します。

クリップ内のこれらのプロパティを微調整した例を以下に示します。例えば、旅のビデオブログを作成する場合に、これらの変形プロパティを使用して、不要な要素を削除したり(ビデオから顔を削除するなど)、ビデオの焦点を変更したりできます。

変形コントロールを使用して、ビデオクリップの焦点を変更する。これらのコントロールを使用して、ビデオから顔を削除する方法などの状況に対応できます。
変形コントロールを使用して、ビデオクリップの焦点を変更する

詳細:

詳細」アコーディオンでは、クリップの外観を切り抜いたり変更したりできます。

高度な変形コントロール
高度な変形コントロール

クロップ:

  • クロップ(上):クリップの上端を切り抜きます。
  • クロップ(下):クリップの下端を切り抜きます。
  • クロップ(左):クリップの左端を切り抜きます。
  • クロップ(右):クリップの右端を切り抜きます。

アピアランス

  • 不透明度:クリップの不透明度および透明度を調整します。例えば、75%の不透明度は 25%の透明度と同じです。不透明度を調整することで、タイムライン上のクリップ間を自然につなげる効果を作成できます。
  • エッジをぼかす:オブジェクトのすべてのエッジにぼかしを適用します。

注意:

エッジをぼかすエフェクトは、オブジェクトの元のエッジに適用されます。クロップが適用されている場合は、エッジをぼかした効果は見えません。

ビデオ縦横比を変更

横置き、縦置き、四角形の縦横比のビデオを作成できます。また、ビデオの方向は編集中にいつでも変更できます。

ビデオ縦横比を変更
ビデオ縦横比を変更

ビデオの縦横比を変更するには、プレビューモニターの下部にある•••(その他の再生およびシーケンスオプション)をクリックします。「向き」メニューから、横置き縦置き、または四角形の縦横比を選択します。

ビデオの方向を変更した後に、プレビューモニター内でクリップのスケールと位置を調整することで、クリップの最も重要な部分に焦点を当てることができます。

ビデオクリップの方向と焦点の変更
ビデオクリップの方向と焦点の変更

クリップを拡大・縮小するには、タイムラインでクリップを選択し、プレビューモニターでクリップをクリックすると、クリップの周囲に青色のハンドルが表示されます。クリップを拡大・縮小するには、青いハンドルのエッジに沿って白い丸をドラッグ&ドロップします。

クリップの位置を変更するには、タイムラインでクリップを選択し、プレビューモニターでクリップをクリックすると、クリップの周囲に青色のハンドルが表示されます。クリップを、プレビューモニターの目的の位置へドラッグ&ドロップします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー