ColdFusion に関するセキュリティアップデート公開 | APSB18-14
情報 ID 公開日 優先度
APSB18-14 2018年4月10日 2

要約

ColdFusion バージョン 11 および 2016 用のセキュリティアップデートが公開されました。これらのアップデートは、安全でないライブラリの読み込みの重要の脆弱性(CVE-2018-4938)、コードインジェクションの原因になりかねないクロスサイトスクリプティングの重要の脆弱性(CVE-2018-4940)、および情報漏えいの原因になりかねないクロスサイトスクリプティングの重要の脆弱性(CVE-2018-4941)を解決します。また、これらのアップデートには、安全でない Java のデシリアライゼーションの重要の脆弱性(CVE-2018-4939)の緩和と、安全でない XML 解析の重要の脆弱性(CVE-2018-4942)の緩和も含まれます。

対象のバージョン

製品名 対象のバージョン プラットフォーム
ColdFusion (2016 年リリース) アップデート 5 以前のバージョン すべて
ColdFusion 11 アップデート 13 以前のバージョン すべて

解決方法

アドビは、このアップデートの優先度を次のように評価し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップグレードを推奨します。

製品名 更新後のバージョン プラットフォーム 優先度評価 入手方法
ColdFusion (2016 リリース) アップデート 6 すべて 2 テクニカルノート
ColdFusion 11 アップデート 14 すべて
2 テクニカルノート

注意:

上記のテクニカルノートで参照されるセキュリティアップデートには、JDK 8u121 以降(ColdFusion 2016 対応)および JDK 7u131 または JDK 8u121 (ColdFusion 11 対応)が必要です。ご使用の ColdFusion JDK/JRE を最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。対応する JDK アップデートを行わずに ColdFusion アップデートを適用しても、サーバーは保護されません。詳細については、関連するテクニカルノートを参照してください。

また、ColdFusion セキュリティページに記載のセキュリティ設定を適用するとともに、該当するロックダウンガイドを参照することを推奨します。

脆弱性に関する詳細

脆弱性のカテゴリー 脆弱性の影響 重大度 CVE 番号
安全でないライブラリの読み込み ローカル権限昇格 重要 CVE-2018-4938
信頼されないデータのデシリアライゼーション リモートコード実行 クリティカル CVE-2018-4939
クロスサイトスクリプティング 情報漏えい 重要 CVE-2018-4940
クロスサイトスクリプティング 情報漏えい 重要 CVE-2018-4941
安全でない XML 外部エンティティ処理 情報漏えい クリティカル CVE-2018-4942

謝辞

一連の問題を指摘し、ユーザーの保護にご協力いただいた以下の個人および組織の皆様に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。

  • Nitesh Shilpkar 氏 (CVE-2018-4938)
  • NCC Group の Nick Bloor 氏(CVE-2018-4939)
  • Jaaziel Sam Carlos 氏 (CVE-2018-4940)
  • USRA の William Eatman 氏と Michael S. O'Dell 氏(CVE-2018-4941)
  • Code White GmbH の Matthias Kaiser 氏(CVE-2018-4942)

ColdFusion JDK 要件

COLDFUSION 2016 HF6

このセキュリティアップデートで、ColdFusion は JDK 8u121 以降である必要があります。ご使用の ColdFusion JDK/JRE を最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。対応する JDK アップデートを行わずに ColdFusion アップデートを適用しても、サーバーは保護されません。

アプリケーションサーバーの場合

さらに、JEE インストールでは、ご使用のアプリケーションサーバーのタイプに応じて、それぞれの起動ファイルで、以下の JVM フラグ「-Djdk.serialFilter= !org.mozilla.**;!com.sun.syndication.**」を設定します。

以下に例を示します。

Apache Tomcat アプリケーションサーバーでは、‘Catalina.bat/sh’ ファイルで JAVA_OPTS を編集します

WebLogic アプリケーションサーバーでは、'startWeblogic.cmd' ファイルの JAVA_OPTIONS を編集します

WildFly/EAP アプリケーションサーバーでは、'standalone.conf' ファイルで JAVA_OPTS を編集します

スタンドアロンインストールではなく、ColdFusion の JEE インストールで、JVM フラグを設定します。

COLDFUSION 11 HF14

このセキュリティアップデートで、ColdFusion は JDK 7u131 または JDK 8u121 以降である必要があります。

ご使用の ColdFusion JDK/JRE を最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。対応する JDK アップデートを行わずに ColdFusion アップデートを適用しても、サーバーは保護されません。

アプリケーションサーバーの場合

さらに、J2EE インストールでは、使用しているアプリケーションサーバーのタイプに応じて、それぞれの起動ファイルに次の JVM フラグ「-Djdk.serialFilter= !org.mozilla.**;!com.sun.syndication.**」を設定します。

以下に例を示します。

Apache Tomcat アプリケーションサーバーでは、‘Catalina.bat/sh’ ファイルで JAVA_OPTS を編集します

WebLogic アプリケーションサーバーでは、'startWeblogic.cmd' ファイルの JAVA_OPTIONS を編集します

WildFly/EAP アプリケーションサーバーでは、'standalone.conf' ファイルで JAVA_OPTS を編集します

スタンドアロンインストールではなく、ColdFusion の JEE インストールで、JVM フラグを設定します。

免責条項

使用許諾契約

Adobe Systems Incorporatedまたはその子会社(「アドビ」)のソフトウェアを使用すると、下記のライセンス許諾契約の諸条件を承諾したことになります。 この契約の諸条件を承諾しない場合は、このソフトウェアを使用しないでください。 特定のソフトウェアファイルのインストール時またはダウンロード時に付随するエンドユーザ使用許諾契約の条項は、下記の条項よりも優先されます。

アドビ システムズ社のソフトウェア製品の輸出および再輸出は米国輸出管理規則により規制されており、キューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国への輸出および再輸出は許可されません。 さらに、アドビのソフトウェア製品はTOD(Table Of Denial Order)、Entity ListまたはList of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者へ頒布することは許可されておりません。

アドビのソフトウェア製品をダウンロードまたは使用することにより、お客様にはキューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国の国民でないこと、TOD、Entity ListまたはList of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者ではないことを証していただきます。本ソフトウェアが他のアドビ製品(以下「ホストアプリケーション」)との併用を予定している場合、アドビは本ソフトウェアを専らホストアプリケーションと併用するために使用できる非排他的な権利を許諾します。ただし、かかる許諾はお客様がホストアプリケーションの正規ライセンスを有していることを条件とします。下記に定める規定を除き、本ソフトウェアの使用条件はホストアプリケーションの使用について適用されるアドビのエンドユーザ使用許諾契約の規定によるものとします。

保証の免責:お客様は、アドビが本ソフトウェアに関して明示的な保証を一切行わず、本ソフトウェアが「現状のまま」でいかなる保証もなく提供されていることを承諾します。アドビは、本ソフトウェアについて、特定の用途に対する適性、商業価値、商業上の品質、または第三者の権利の尊重を含むがそれに限定されない明示的または黙示的な保証は一切行っていません。国または法域によっては黙示の保証の除外が認められていないため、上記の限定は適用されない場合があります。

有限責任:契約、不法行為(過失を含む)、厳格な製造物責任またはその他の行為の形態にかかわらず、いかなる使用の損失、業務中断、または営利喪失を含む直接的、間接的、個別的、偶発的、副次的ないかなる損害に関して、事前に当該損害の可能性が勧告されていた場合でも、アドビはいかなる責任も負いません。国または法域によっては付随的または派生的な損害の除外または限定が認められていないため、上記の除外および限定は適用されない場合があります。