Adobe セキュリティ情報

Adobe Connect に関するセキュリティアップデート | APSB20-69

情報 ID

公開日

優先度

APSB20-69

2020年11月10日

3

要約

Adobe は、2020 年 11 月 9 日の週に Adobe Connect 向けのセキュリティアップデートをリリースする予定です。 これらのアップデートは、重要な反射型クロスサイトスクリプティング脆弱性に対処します。この脆弱性が悪用されると、被害者のブラウザのコンテキストで任意の JavaScript が実行されかねません。

対象の製品バージョン

製品名

バージョン

プラットフォーム

Adobe Connect

11.0 以前のバージョン

すべて

解決策

アドビは、これらのアップデート版の優先度評価を次のように評価し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップグレードを推奨します。

製品名

バージョン

プラットフォーム

優先度

入手方法

Adobe Connect

11.0.5

すべて

3

注意:

Adobe Connect 11.0.5 は、次の段階で導入されます。

ホストサービス: アップグレードは 11 月 1 日に開始されます。  アカウントのアップグレード日を確認するには、Adobe Connect のダウンロードとアップデート(英語)を参照してください。

オンプレミスでの展開: 11 月 13 日から提供開始予定です。

マネージドサービス: アップグレードをスケジュールするには、Adobe Connect Managed Services (ACMS) の担当者またはプライベートクラウドプロバイダーにお問い合わせください。

脆弱性に関する詳細

脆弱性のカテゴリー

脆弱性の影響

深刻度

CVE 番号

反映されたクロスサイトスクリプティング

ブラウザーでの任意の JavaScript 実行

重要

CVE-2020-24442

CVE-2020-24443

謝辞

一連の問題を指摘し、ユーザーの保護にご協力いただいた以下の個人および組織の皆様に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。

  • Saulius Pranckevicious 氏/Danske Bank Red Team(CVE-2020-24442)
  • Shaun Mouginn (@pudsec) (CVE-2020-24443)
アドビのロゴ

アカウントにログイン