Adobe Experience Manager に関するセキュリティアップデート公開 | APSB20-31
情報 ID 公開日 優先度
APSB20-31
2020 年 6 月 9 日
2

要約

Adobe Experience Manager (AEM)を対象としたアップデートが公開されました。これらのアップデートでは、AEM バージョン 6.5 とそれ以前で重要と評価された脆弱性が解決されます。悪用されると機密情報漏えいにつながる可能性があります。

対象の製品バージョン

製品名 バージョン プラットフォーム
Adobe Experience Manager
6.5 とそれ以前のバージョン すべて

解決策

アドビは、これらのアップデートを次の優先度評価で分類し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップグレードをお勧めします。

製品名

バージョン

プラットフォーム

優先度

入手方法

 

Adobe Experience Manager

6.5

すべて

2

リリースとアップデート

6.4

すべて

2

リリースとアップデート

注意:

従前の AEM バージョンのサポートについては、アドビカスタマケアにお問い合わせください。

脆弱性に関する詳細

脆弱性のカテゴリー

脆弱性の影響

深刻度

CVE 番号 

対象のバージョン リリースノート
サーバー側要求偽造(SSRF)
機密情報漏えい 重要 CVE-2020-9643

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

6.3.3.8 に関する累積修正パック

累積修正パック 6.4.8.1

クロスサイトスクリプティング(DOM ベース)
ブラウザーでの任意の JavaScript 実行 重要
CVE-2020-9647

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

AEM 6.5

累積修正パック 6.4.8.1

Service Pack 6.5.5.0

クロスサイトスクリプティング
ブラウザーでの任意の JavaScript 実行
重要
CVE-2020-9648

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

AEM 6.5

累積修正パック 6.4.8.1

Service Pack 6.5.5.0

クロスサイトスクリプティング(保存)
ブラウザーでの任意の JavaScript 実行
重要
CVE-2020-9644

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

AEM 6.5

累積修正パック 6.4.8.1

Service Pack 6.5.5.0

ブラインドサーバー側リクエスト偽造(SSRF)
機密情報漏えい 重要
CVE-2020-9645

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

AEM 6.5

累積修正パック 6.4.8.1

Service Pack 6.5.5.0

クロスサイトスクリプティング(反映)
ブラウザーでの任意の JavaScript 実行
重要
CVE-2020-9651

AEM 6.1

AEM 6.2

AEM 6.3

AEM 6.4

AEM 6.5

累積修正パック 6.4.8.1

Service Pack 6.5.5.0

注意:

AEM バージョン 6.1 の拡張サポートは 2020 年 5 月 31 日に終了しました。

謝辞

お客様のセキュリティ保護にご協力いただいた Netcentric のThomas Hartmann 氏(CVE-2020-9644)と Dmitry Muntyanov 氏(CVE-2020-9645)に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。