Adobe セキュリティ速報

Adobe FrameMaker 用のセキュリティアップデート公開 | APSB20-04

情報 ID

公開日

優先度

APSB20-04

2020 年 2 月 11 日

3

要約

Adobe Framemaker 用のセキュリティアップデートが公開されました。このアップデートでは複数のクリティカルな脆弱性に対応しています。この脆弱性が悪用されると、現在のユーザーのコンテキストで任意のコード実行の原因になりかねません。

影響を受けるバージョン

製品名

バージョン

プラットフォーム

Adobe FrameMaker

2019.0.4 以前

Windows

解決策

アドビは、これらのアップデートを次の優先度評価で分類し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップグレードをお勧めします。

製品名

バージョン

プラットフォーム

優先度

入手方法

Adobe FrameMaker

2019.0.5

Windows

3

脆弱性に関する詳細

脆弱性のカテゴリー

脆弱性の影響

深刻度

CVE 番号

バッファーエラー    

任意のコード実行

クリティカル

CVE-2020-3734    

ヒープオーバーフロー    

任意のコード実行

クリティカル

CVE-2020-3731

CVE-2020-3735

メモリ破損    

任意のコード実行

クリティカル

CVE-2020-3739

CVE-2020-3740    

境界を越えた書き込み    

任意のコード実行

クリティカル

CVE-2020-3720

CVE-2020-3721

CVE-2020-3722

CVE-2020-3723

CVE-2020-3724

CVE-2020-3725

CVE-2020-3726

CVE-2020-3727

CVE-2020-3728

CVE-2020-3729

CVE-2020-3730

CVE-2020-3732

CVE-2020-3733

CVE-2020-3736

CVE-2020-3737

CVE-2020-3738    

謝辞

関連する問題を指摘し、この問題をご報告いただき、またユーザーの保護にご協力いただいた Trend Micro Zero Day と協力する Kdot 様に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。 

アドビのロゴ

アカウントにログイン