RoboHelp に関するセキュリティアップデート公開

リリース日: 2013 年 10 月 8 日(米国時間)

脆弱性識別番号: APSB13-24

優先度: 3

CVE 番号: CVE-2013-5327

プラットフォーム: Windows

要約

RoboHelp 10 Windows 版のセキュリティアップデートが公開されました。 このアップデートは、攻撃者の悪用によって、対象システム上で不正コードが実行されることになりかねない脆弱性を解消します。RoboHelp 10をご利用のお客様には、以下の「解決方法」の指示に従い、解決策を講じることを推奨します。

対象のバージョン

製品名 対象のバージョン プラットフォーム
RoboHelp 10 とそれ以前のバージョン Windows

解決方法

アドビは、このホットフィックスの優先度を次のように評価し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップデートを推奨します。

製品名 プラットフォーム 優先度評価
RoboHelp Windows 3

RoboHelp 10 をご利用のお客様には、以下の「解決方法」の指示に従い、解決策を講じることを推奨します。
MDBMS.dll ファイルのバックアップ:

  1. RoboHTML フォルダー(デフォルトの場所: %ProgramFiles%\Adobe\RoboHelp 10\RoboHTML\)を参照します。
  2. MDBMS.dll のファイル名を MDBMS.old に変更します。

アップデートのインストール:

  1. APSB13-24.zip ファイルをダウンロードします。
  2. アーカイブファイルから取り出した MDBMS.dll を %ProgramFiles%\Adobe\RoboHelp 10\RoboHTML\ に移動します。

ダウンロード

脆弱性に関する詳細

これらのアップデートは、リモートコード実行の原因になりかねない、脆弱性を解消します(CVE-2013-5327)。

通知

この問題を指摘し、ユーザーの保護にご協力いただいたMicrosoftのJeremy Brown様およびMicrosoft Vulnerability Researchに対し、アドビより厚く御礼を申し上げます(CVE-2013-5327)。