Acrobat でのフォーム作成

Acrobat でフォームを作成するには、テキストタグと Adobe Sign サービスのドラッグ&ドロップを使用できます。Acrobat のフォームフィールドと整列ツールを使用して、文書内に物理的なフィールドを配置します。フィールドを配置したら、修正されたテキストタグを使用して、これらのフィールドのプロパティを定義します。

この文書をアップロードすると、システムが文書内のテキストタグを読み取ってフォームフィールドのサイズを調べ、その場所に Adobe Sign フィールドを作成します。

ここでは、Acrobat の各種ツールの使用方法と、使用できる様々なタグプロパティについて説明します。

Acrobat フォームフィールド

フォームメニュー

  1. Acrobat を起動し、左上隅にある「ツール」ボタンをクリックします。

  2. フォームを準備」を選択し、「追加」をクリックします。

    既存の PDF にフォームフィールドを追加するか、紙文書のスキャンを開始するかによって、「ファイルを選択」または「文書をスキャン」をクリックします。

    Acrobat は、下線付きの空白スペースや空のボックスを文書内から探し、それらが配置されている場所にフォームフィールドを自動的に作成します。その際に、フィールドの付近にあるテキストを使用してフィールドに名前が付けられます。最終的に、これらのフィールドの名前はすべてタグに置き換えられます。ただし、フィールドにタグが必要ない場合は、フィールド間ポリネーションで問題が起きることを回避するために、フィールドの名前は一意のままになります。

    フィールド間ポリネーションとは、Adobe Sign が、同じ名前を持つフィールド間でデータをコピーする際に使用するプロセスです。

フィールドタイプ

Acrobat でフォームを作成するときは、使用するフォームフィールドに注意してください。Adobe Sign に変換されるのは、以下に示すフォームフィールドのみです。それ以外のフィールドを使用すると、文書に問題が発生する可能性があります。

テキストフィールド

テキストフィールドは、最も一般的に使用するフォームフィールドです。これらのフィールドは、追加される PDF タグに応じて、ラジオボタンやチェックボックスに変更することもできます。

チェックボックス

チェックボックスは Adobe Sign に引き継がれます。「いくつでも当てはまるものを選択」という状況で使用します。

これらのフィールドには、オンとオフの 2 つの状態があります。フィールドのプロパティでは、ボックスがオンのときに使用する書き出し値を設定できます。この書き出し値は、条件文や計算フィールドの式で使用されます。

ラジオボタン

ラジオボタンは Adobe Sign に引き継がれます。「グループ内のいずれか 1 つを選択」という状況で使用します。

グループ内に少なくとも 2 つのラジオボタンを配置する必要があります。それぞれのラジオボタンに書き出し値を設定できます。この書き出し値は、条件文や計算フィールドの式で使用されます。

ドロップダウン

ドロップダウンメニューは Adobe Sign に引き継がれます。「リストから値を選択」という状況で使用します。

フォームフィールドのプロパティで、リストから選択できる項目を設定します。項目ごとに、表示値と書き出し値を設定します。作成した項目をクリックすると、その項目がデフォルトの選択肢になります。デフォルトの選択肢を設定しない場合は、リスト内の空白領域をクリックして、何も選択されていない状態にします。

フィールドの配置

  1. Acrobat ツールバーには、フォームフィールドの作成および編集に関するタスクが表示されます。 ツールバーの「テキストフィールドを追加」ボタンをクリックします。

  2. 下の画像に示すように、カーソルの形が変わります。シングルクリックすると、クリックした場所にフィールドがそのまま配置されます。マウスボタンを押し下げたままドラッグして、フィールドのサイズを好きなように変更することもできます。

    フィールドをページ内に配置すると、小さなウィンドウが表示されます。このボックスでは、フィールドの名前を変更できます。文書にフィールドを追加する段階では、名前を変更しなくても構いません。フィールドの名前は後で変更できます。

    フィールドのサイズを調整するには、青のボックス(ハンドル)のいずれかをドラッグします。

フォームフィールドのサイズ変更および整列ツール

文書内にフィールドを大まかに配置したら、Acrobat のツールを使用して、フィールドのサイズを合わせたり、位置を揃えたりできます。

サイズが異なる 2 つのフィールドを同じサイズにしたい場合は、2 つのフィールドを囲むようにカーソルをドラッグして選択します。また、一方のフィールドをクリックした後、Ctrl キーを押しながら他方のフィールドをクリックして選択することもできます。

複数のフィールドに対してサイズ設定や位置揃えを行う場合は、位置揃えの基準となる場所にあるフィールドや、サイズの基準となるフィールドを右クリックし、メニューアクションを選択します。

この例では、Text4Text3 と同じサイズに設定したいので、両方のフィールドを選択した状態で Text3 を右クリックし、フィールドを同じサイズに設定両方を選択します。

これで、Text4Text3 と同じサイズになります。次に、Text4 の左側を Text3 の左側に揃えます。両方のフィールドを選択した状態で Text3 を右クリックし、整列、分布、中央配置左揃えを選択します。

フォームフィールド内でのタグの使用

PDF タグはテキストタグと同じですが、タグを文書内に直接配置するのではなく、タグを使用してフォームフィールドに名前を付けます。また、PDF タグではテキストタグを囲む波括弧を使用しません。

テキストタグに関する記事については、こちらを参照してください。

文書内にフォームフィールドをすべて追加すると、右側のパネルの下部にフィールドの一覧が表示されます。この一覧を使用すれば、ページ上を探さなくても、文書内にあるフォームフィールドをすばやく見つけて選択できます。

この一覧にはフィールド名が表示されるので、タグの変更や確認が簡単に行えます。

フォームフィールド名をタグに変更すると、Adobe Sign で認識されるフィールドプロパティを適用できるようになるので、テキストタグのように文書内のスペースを無駄にせずに済みます。

フォームフィールドのプロパティメニューを表示するには、フィールドをダブルクリックするか、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択します。また、右側にあるフィールド一覧の中からフィールドをダブルクリックするか、右クリックすることもできます。

プロパティウィンドウの「一般」タブには、フィールドの名前、ツールヒントおよび一般プロパティが表示されます。

  • 名前:フォームフィールド用のタグを追加する場所。
  • ツールチップ:フィールドの上にマウスポインターを移動するとポップアップする情報。
  • 読み取り専用:フィールドを編集不可にします。一般的には、統合機能や CSV ファイルからの情報をそのフィールドにプッシュする場合に使用します。
  • 必須:フィールドを必須入力にします。そのフィールドにデータを入力しない限り署名プロセスを完了できなくなります。

フィールドを複数行に対応させるには、「オプション」タブの「複数行」チェックボックスをオンにします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー