文書に自分の署名のみを追加して送信

文書に自分で署名し、送信しなければならない場合があります。自分のみが署名プロセスは、こうしたケースで使用するのに最適です。必要な情報を入力し、署名とイニシャルを適用したら、文書をだれにでも送信できます。

クイックステップ

  1. 「ダッシュボード」タブで、「自分のみが署名」をクリックします。
  2. 文書の送信先となるユーザーの電子メールアドレスを入力します。
  3. 送信する文書をドラッグ&ドロップ、添付または選択します。
  4. プレビュー、署名の位置指定、フォームフィールドの追加を行う」チェックボックスをオンにします。
  5. 次へ」をクリックします。
  6. 必要なフィールドを文書にドラッグ&ドロップします。
  7. クリックして署名して送信
  8. フィールドに情報を入力し、署名を適用します。
  9. クリックして署名」をクリックします。

詳細な手順

  1. ホームページ上で、「自分のみが署名」をクリックします。

    「自分のみが署名」をクリック
  2. 文書の送信先となるユーザーの電子メールアドレスを入力します。

    注意:

    ログイン用の電子メールアドレスと同じアドレスに文書を送信できない場合は、アクセス可能な別の電子メールアドレスに文書を送信できます。

  3. 署名、送信する文書をドラッグ&ドロップ、添付または選択します。

  4. プレビュー、署名の位置指定、フォームフィールドの追加を行う」チェックボックスをオンにし、「次へ」をクリックします。

    電子メールアドレスを入力
  5. ドラッグ&ドロップオーサリング環境が表示されます。右側のペインから文書上にフィールドをドラッグします。必須の署名フィールドが少なくとも 1 つ必要です。

    文書上にドラッグされたフィールド
  6. すべてのフィールドに情報を入力したら、「署名して送信」をクリックします。

    「署名して送信」をクリック
  7. 署名環境が表示されます。すべてのフィールドに情報を入力し、署名を適用します。

    フィールドに情報を入力し、署名を適用
  8. 署名フィールドをクリックし、ポップアップウィンドウに自分の名前を入力して署名を作成します。作業が終了したら、「適用」をクリックします。

    「適用」をクリック
  9. 文書が完成したら、「クリックして署名」をクリックします。

    クリックして署名
  10. 契約書への電子サインが完了し、契約書が受信者に送信されることを示すメッセージが表示されます。

    成功のメッセージの表示

サポートからのヒント

注意:

Adobe Sign では常に、だれかに(別の電子メールアドレスに、という意味)署名済みの文書を送信する必要があります。その電子メールアドレスは、必ずしも実在するものである必要はなく、g@g.j.t.d.b.whoa など。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー