Adobe Sign のトレーニングに関する基本事項:送信および署名方法

Adobe Sign トレーニング 101—基本機能

トレーニング 101—作成および送信

最も基本的なトランザクションは 1 人の署名者への送信です。トランザクションの作成、文書のアップロードおよびドラッグ&ドロップ編集画面でのフィールドの配置方法を説明します。 

こちらをクリックして、このクラスを受講します。

トレーニング 101—事前入力についての説明

送信者による事前入力のステージを使用すると、文書の送信者は文書が署名用に送信される前にフィールドを編集できます。これでフィールドを配置する方法を学びました。次に、フィールド設定を編集し、役割の値を設定する方法を説明します。役割は、特定のフィールドを編集できる人を決定します。

こちらをクリックして、このクラスを受講します。

トレーニング 101—複数の署名者への送信

フィールドに役割の値を設定すると、複数の署名者に文書を簡単に送信できます。これでフィールドを配置およびその設定を編集する方法を学びました。ここから、複数の署名者が割り当てられた正しいフィールドを編集できるようにする自分の役割を設定する方法について説明します。

こちらをクリックして、このクラスを受講します。

トレーニング 101—同じ電子メールアドレスを使用する署名者への送信

1 つの電子メールアドレスを共有する 2 人の署名者両方にトランザクションを送信できます。この機能は、夫妻署名と呼ばれています。役割を正しく定義して、適正な署名者が適切な位置に署名するようにすることが重要です。

こちらをクリックして、このクラスを受講します。

トレーニング 101—自分のみが署名

自分だけの署名を必要とし、その他誰の署名も必要としない文書を送信する場合、自分のみが署名機能を使用します。編集できるフィールドを追加自分の署名のみを適用し、署名済み文書を送信して受信者が閲覧できるようにする方法を学習します。して、

こちらをクリックして、このクラスを受講します。

トレーニング 101—署名者に関するヘルプ

文書を送信すると、受信者はフィールドを編集し、指定された箇所に署名を適用できます。Adobe Sign で送信された文書に署名する方法を学習します。

こちらをクリックして、クラスを受講します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー