2014 年 11 月 5 日に、Facebook はプラットフォームポリシーに対して次の変更を適用しました。

「ソーシャルプラグインを使用する、またはページに「いいね!」をするように人々を誘導してはいけません。これには、ユーザーがページに「いいね!」をしているかどうかに基づいて、報酬を与える、アプリケーションまたはアプリケーションコンテンツをゲーティングすることを含みます。アプリケーションにログインしたり、場所を入力したり、アプリケーションのページにプロモーションを入力したりすることはできます。質の高い接続を確実にし、ビジネスがそれが大事な人々に行き渡る手助けをするために、人工的なインセンティヴのためでなく人々がページに接続してビジネスについて知りたいと思うため、「いいね!」をすることを望みます。このアップデートは、人々と広告者に同様に利益をもたらします。

この Facebook Platform ポリシーの変更は、App Builder を使用して Facebook アプリケーションを構築した Adobe Social ユーザーに適用され、アプリケーションに同様の Gates を適用します。

詳しくは、以下の FAQ をご覧ください。

このことは、私の Facebook アプリケーションにどのような影響がありますか?

このポリシーの変更によって、アプリケーションのコンテンツを表示する前に、Facebook アプリケーションに人々にインセンティヴを提供するファンゲートを Facebook アプリケーションに配置できなくなることを意味します。

このことは Adobe Social ユーザーにはどのように影響しますか?

Adobe Social の機能に関しては、App Builder で構築された Facebook アプリケーションのファンゲート機能はサポートされなくなります。2014 年 11 月 18 日の午前 9:00 時から午後1:00の間の(太平洋標準時刻)定期メンテナンスの間は、この機能を終了します。

次に何をしたらいいですか?

Adobe 以下の手順をすぐに実行することをお勧めします。

  1. ファンゲート機能が有効になっているすべての公開済み Facebook アプリケーションと未公開の Facebook アプリケーションをレビューします。
  2. ファンゲートの機能をオフにします。
  3. ファンゲートを参照するコピー、コンテンツ、画像を削除して変更します。
  4. アプリケーションをテストして再公開します。

回避策はありますか?

残念ながら、回避策はありません。これは Facebook Platform ポリシーへの変更であり、Facebook を使用するすべてのマーケターはこれらのルールに準拠している必要があります。

今後はどう Facebook アプリケーションを考える必要がありますか。

ファンゲートや「いいね!」の代わりに、今日の Facebook アプリケーション戦略は、主に「関係を深めること」および、より価値の高い「ビジネスアクション」を推進することに焦点を当てています。

Facebook ポリシーの変更について詳しく知る方法を教えてください。

変更の影響については、Inside Facebook 記事で確認します。

質問がある場合は、Social Account Manager にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー