投稿は、「すべての管理者トークンで投稿できませんでした」というエラーで失敗します。

ユーザーがページを再認証すると、Social でそのユーザーの認証トークンが更新されます。正常に動作するためには、少なくとも 1 つの有効なトークンをページで使用できる必要があります。

Facebook エラーの例:「例外が発生したため、要求に応じて自動的に Facebook にメッセージを送信することはできませんでした。例外は次のとおりです:「すべての管理者トークンで投稿できませんでした。」

「すべての管理者トークンで投稿できませんでした」エラーが発生しないようにするには、できるだけ多くの管理者でページを再認証してください。再許可するには、Social/設定/Facebook 権限に移動し、「再許可」ボタンをクリックします。ページ上で有効な/許可されているトークンが1つだけの場合(ジェンという名前のユーザーのトークンなど)、ジェンのトークンが無効になった場合、投稿に使用できる他のトークンはありません。ジェンのトークンが無効になる(例えば、Facebook でパスワードを変更し場合、トークンの有効期限が自動的に切れ)、投稿が失敗します。

ベストプラクティスとして、Social で、与えられたソーシャルプロパティーの管理者である人はすべて、ページを再評価する必要があります。例えば、ジェンのトークンが無効になった場合、Social は別のユーザーのトークンを使用して投稿を試みます。その 2 人目のトークンが無効である場合、Social は次のユーザーのトークンを試行します。また、有効なトークンが見つかるまで、トークンは引き続き試行されます。同じエラーが発生しないという保証はありませんが、より多くのユーザーが同じページを再認証し、各ユーザーに有効なトークンを作成する可能性は低くなります。

他の種類のソーシャルプロパティの有効なトークンを更新し、作成している認証/再認証は次のように処理されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー