Adobe Stockオーディオを使用して曲に合わせてビデオを編集する方法を学習する
カメラに日の光が差し込む中、若いアフリカ系アメリカ人の男性が人気のない屋根付きの駐車場でスケードボードに乗っている

Adobe Premiere Proでエッセンシャルサウンドパネルを開く

Adobe Premiereで、オーディオワークスペースプリセットを選択するか、ウィンドウ/エッセンシャルサウンドを選択して、Adobe Stockオーディオが組み込まれているすべての新しいエッセンシャルサウンドパネルを表示します。パネル上部にある「参照」をクリックして、豊富なライブラリの中から検索することができます。

エッセンシャルサウンドパネルの「参照」タブには検索バーと、検索を絞る際に使用する3つのオプション「ムード」、「ジャンル」および「フィルター」があります。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者がウィンドウ/ワークスペース/オーディオを選択し、背景のプログラムモニターにはスケードボードに乗る若い男性が表示されている

Adobe Stockオーディオを検索

検索バーを使用してキーワードで検索するか、ムード、ジャンル、テンポ、ボーカルなどで結果の絞り込みを開始します。 

この例では、スケードボード企業向けに印象に残るプロモーションビデオを編集しています。ビデオに使用する最適なビートのAdobe Stockオーディオキューを見つけます。

少し奇抜なものを探しているため、ヒップホップジャンルでフィルタリングし、ヒップホップの横にある矢印アイコンをクリックしてサブカテゴリーを表示し、さらにサブフィルターを適用します。「ラップ」を選択して、キーワード「オーケストラ」を追加し、表示された内容を確認します。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルを使用してジャンルのヒップホップ/ラップで検索をフィルタリングしている

候補となるトラックを試聴する

Adobe Premiere Proの高性能な「タイムラインの同期」を使用すると、素材をプロジェクトに読み込む前であっても、ビデオに必要なタイミングでAdobe Stockオーディオキューをプレビューできます。

エッセンシャルサウンドパネルの下部のタイムラインの同期の横にチェックボックスがあります。 

このチェックボックスにチェックを入れ、ミュージックキューの開始が予想されるタイムラインの任意の場所にタイムラインの再生ヘッドを置きます。この例では、最初のフレームから再生してそこから開始します。 

検索結果の中でプレビューするミュージックキューを特定し、キュー名の横にある再生ボタンをクリックします。

別のトラックをプレビューする場合は、新しいトラック名の横にある再生ボタンをクリックする必要があります。タイムラインの再生ヘッドは初期の開始地点に戻り、新たにプレビューします。

このビデオには「オーケストラヒップホップ」という名前のトラックを使用します。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルでミュージックトラックの再生ボタンをクリックし、スケートボードのビデオ編集がフレームの左側の編集インターフェイスに表示されている

トラックをタイムラインに追加

タイムラインに追加するトラックを見つけたら、そのトラックを右クリックし、「プロジェクトに追加」を選択してプロジェクトに追加できます。トラックをハードドライブのローカルフォルダーに保存するか、Adobe Stockライブラリに追加するオプションもあります。またはエッセンシャルサウンドパネルからキューを必要に応じてタイムラインまたはプロジェクトのごみ箱に単純にドラッグ&ドラッグすることができます。

この無許可のAdobe Stockオーディオトラックのバージョンはm4aファイルです。編集の操作を妨げるオーディオ透かしはありません。これらのバージョンを透かしなしでプロジェクトの一部として書き出し、クライアントや共同作業者とプライベートに共有できます。 

最終編集に含めるためにトラックのライセンスを購入すると、Adobe Premiere Proでm4aバージョンが高品質なwavファイルにシームレスに置き換えられます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は新しいミュージックキューをタイムラインのオーディオトラックにドロップしている

ビートをマーク

タイムラインでAdobe Stockオーディオを選択して、波形がはっきり見えるように拡大してから、スペースバーをタップして再生します。

4カウントを使用して、1に戻るたびにキーボードのMキーをタップします。「M、2、3、4、M、2、3、4」のようにカウントします。

トラック全体にマークを付けると、マーカーがすべてのダウンビートに表示されます。各マーカーはこのキューの優れた潜在的な編集ポイントです。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はマーカーをダウンビートのAdobe Stockオーディオミュージックトラックに追加している

ビートに合わせてカットの時間を設定

Adobe Stockオーディオクリップでビートにマークを付けたので、カットでクリエイティブな編集を開始できます。マーカーのいずれか1つにビジュアルカットを作成すると、視聴者はリズムのペースを感じることができます。 

編集の1つ以上に最先端の雰囲気が必要な場合は、同じクリップでジャンプカットを試し、数フレームあるいは数秒間インクリップをずらしてみます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はタイムライン上のAdobe Stockオーディオトラックに配置したマーカーのペースに合わせてビデオトラックをカットしている

トラックのライセンスを購入

編集をおこない、配置するトラックを確認したので、タイムラインから直接Adobe Stockオーディオトラックのライセンスを購入できます。

ライセンスを購入するAdobe Stockオーディオトクリップを右クリックし、ポップアップメニューで「ライセンス...」をクリックします。アカウントにクレジットが必要になります。クレジットはwww.stock.adobe.com/jp/で事前に購入できます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、フォーカスされているタイムラインパネルで、Adobe StockオーディオミュージックトラックをCtrlキーを押しながらクリックし、ポップアップメニューの「ライセンス...」を選択している

ソーシャルメディア用の書き出し

Adobe Premiere Proのプリセットを使用してビデオを書き出します。

この例では1080p HD Facebookプリセットを使用しています。どのソーシャルメディアプラットフォームでも使用できる出力形式です。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエクスポートメディアウィンドウで作業し、書き出し対象として1080p HD Facebookプリセットを選択している

Adobe Stockオーディオトラックのビートに合わせてビデオを編集しました。

09/21/2020
このページは役に立ちましたか。